田舎で猛烈に働くCEO

自分の考えなどをブログにします。

北海道の滝川市で会社を設立した理由

僕は北海道滝川市という場所で会社を設立した。

多くの人はきっと、東京へ行くと思う。

おそらく、これから起業をしようと思っている人の多くは東京か、福岡など主要都市で会社設立する人が多いと思う。

しかし東京出身者である僕があえて東京ではなく、北海道の滝川市を選んだのか?

僕は東京で起業する意味がわからなかった。 東京じゃなくたって、仕事はできるし競争もできる。

ただ物理的に都市と離れるくらいにしか思っていない。

ましてや、インターネットという素晴らしい技術があるのだから、なおさら東京にいる必要性が感じられなかった。

また、僕は北海道の滝川市を変えたいという思いがあった。

僕は短大時代に二年間滝川でお世話になっている。また、僕が変われた場所である。

だから、次は滝川を変えたいという思いがある。

渋谷とかで起業が盛んに行われ、Webサービス系が盛り上がっているが、

僕は滝川市をスタートアップの町にしていきたい。そして、いろんな分野のスタートアップが混ざり合ったら面白いと思っている。

だからこそ、僕はファーストペンギンとして、滝川市で起業した。

また僕は滝川市の立地は好立地であると思っている。

多くの人は、札幌や旭川富良野など有名観光地は知っているだろう。しかし、滝川市を知る人は少ない。

だが、滝川市はこの3都市の中間地点にある。滝川市からだと3都市どこ行くにも1時間くらいで行けてしまうのだ。

僕はものすごいポテンシャルのある町であると思っている。

だからこそ、この町を発展させ、世界的に有名な町へと変えていきたい。

世界的に有名ならば初めから有名な渋谷などを選べば楽だと思うが、僕はすでに型にはまっている場所は変えるのは難しいと思っている。

ならば、逆に人口現象、過疎地とされる場所を発展させる方がやりがいがあり、面白いのではないかと思う。

これが一つ目の理由だ。

そして二つ目の理由は、働き方改革だ!!

働き方改革と言って都市部に会社を設立するのはどうなのかな?と思った。

毎日、満員電車に揺られ、夜遅くまで残業し、また満員電車で変えるという生活を仲間、社員にさせることに疑問がある。

自分たちの会社がまず変わろうということだ。 そこで思い切って、滝川を選んだのだ。

物理的に東京にいる人材を引っ越してまで滝川市に来て一緒に働くことは難しいと思っているし、そうするべきでもないと思う。

もちろん、会社の文化を浸透させるにはリモートワークより、密に会ってコミュニケーションをとる方がいいと思っている。

しかし、僕は働く人、一人一人が選択できる文化を作りたいと思う。

家で働きたければ家で働けばいいし、オフィスで働きたければそうすればいい。また、住む場所も同じである。

難しいかもしれないが、不可能ではないし、やる価値があると思っている。

第三の理由は単純である。

東京よりこの空間が好きなのだ。

上記で挙げたように、好きな場所で働ける会社にしたい。一人一人働き方を選択できる会社を作りたいから来ている。

だから、僕自身も好きな場所で働くことを選んだのだ。

これを読んで、同じような思い(働き方について)を持っている人とは繋がっていきたい。

また、今僕は一人でサービスを開発しているが、仲間が欲しい。

言語はRubyフレームワークとしてRailsを使用している。

興味がある方はSNS等から連絡ください。