田舎で猛烈に働くCEO

自分の考えなどをブログにします。

最高に地味なリリース

昨日僕はWorkerBook(α)をリリースした。

WorkerBook(α)

僕は世の中の働き方を変えたいという思いからWorkerBookを開発した。

世の中と言ってもプログラマーウェブデザイナー向けのサービスにしたのには理由がある。

僕は一年間プログラマーとして働いていて、気づいたことがある。

  • 家にいながらでもできる仕事
  • 会社に言ってもコミュニケーションはチャットでやりとりしたりする
  • 多重請負構造の無駄

以上のことに気づき、僕は決めた。WorkerBookを作ろうと。。。

ただ、現行でクラウドソーシングサービスがある中で課題もあった。どこを差別化するのか?

WorkerBookはフリーランスの方がとにかく使って喜ぶようなサービスにしていきたいという思いがある。 なので、なるべく手数料は少なくし、登録しておけばあとは待つだけという状態にすればいいと考えた。

また、フリーランスの方が自分はどれだけのことができ、どのくらいの価値なのかを提示することで、 仕事を発注したい人が寄ってくると考えたのである。

僕はこうして、WorkerBookをリリースをした。

現在僕は一人でサービスを開発したが、やはり人が足りていないという問題がある。

また、資金調達も今後するべきであると思っている。

とにかく働き方を変えたい等僕の考えに賛成していただける方とはとにかくお話がしたい。

お待ちしてます。。。。

僕が働き方を変えたいと思う理由

tun83.hatenablog.jp

サービスのリリースは地味

とにかく地味だな。。。

一人でやっているというのもあるが、とにかく地味なスタートであった。

今後、僕は仲間を増やしどんどんサービスを成長させたい。

ただそれだけだ。。。とにかくWorkerBookを使うことで喜んでくれる人が一人でもいいから増えて欲しいという思いだけ。。。