Everything beginning is to myself

自分の考えなどをブログにします。

夜型から朝方にシフトした結果

仕事や、遊び、勉強等夜やる人、朝やる人、それぞれだと思う。

僕は朝型を推奨する。これは僕としての意見であって、人それぞれではあるが、多くの人に当てはまると思っている。

僕は最近夜12時前には寝るようにしている。

そして朝3−4時には起きるようにしている。4−6時間睡眠くらいがちょうどいいらしい。

なぜ夜がダメか?

夜型がダメな理由は疲れ切っているということだ。

僕は思う。1日の中で生産性が高いのは朝の数時間。それ以降確実に生産性は下がる。

人間なんて1日で集中できる時間は限られている。多くの時間は集中しているようで集中していない。100%ではない。 だったら、朝早く起きて、誰にも邪魔されない時間を集中できる時間にした方が効率的だし、生産性が高いと言える。。。

また、夜だと家族の時間、恋人との時間、友人との時間、などなど多くの出来事で集中などできやしないことも多い。まとまった時間なんて取れない。

そして、夜な夜な眠い眠いと思いながらやったって集中などできるわけないし、生産性がものすごく低くなる。僕は眠くなったら寝てしまうタイプだ。緊急で重要なものは眠いながらもやらなければいけない時もあるだろう。

しかしそうでないのなら夜はなるべく避けた方がいい。

逆に夜やるべきことは人とのコミュニケーションだと思う。僕は今後コミュニケーションを取る時間を増やして行きたい。 なぜ夜は人と関わるべきか?頭が疲れ切っている時に仕事や勉強をしたところで何も集中できない。しかし、コミュニケーションなら、そこまで頭を使わずに楽しむこともできる。

時間を有効的に使うとしたら、夜にコミュニケーションの時間を当てるべきであると僕は思う。

朝の素晴らしさ

僕は今このブログを1仕事の後に休憩がてら書いている。

朝の仕事、勉強はものすごく時間効率がよく仕事等も捗る。集中できる時間も多く取ることができる。

朝起きてすぐということで頭も整理されている。ずっと考えていた問題、課題の解が見つかるときもある。

日の出とともに仕事ができる気持ち良さ。1日の始まり方が圧倒的に変わってくのだ。

お昼や夕方に結構眠気、疲れがくる。そうなったら少し仮眠すればいい。ただそれだけだ。その仮眠が後の仕事効率も上がる。 少し寝るとやはり脳は整理してくれる。

二度も集中時間作ることができ、集中できる時間が増えるのだ。

朝方へのシフト

僕は朝強いというわけでもない。もともと、夜派だった。ただ最近朝方に変えてみた結果ものすごく生産性が良かったから変えることにした。

ただそれだけの理由だし、何かいい方法があるわけでもない。気持ち一つだと思っている。

何か方法があるならそれが一番かもしれないがきっとそんなものはない。結局は自分が実行するかしないか。

僕はアラームでなかなか起きれるタイプではないが、起きれている。

最近ではこのような商品も出ている。 自分がやろうと思うかどうか。

シフトした結果僕のざっくりしたスケジュール

1日24時間

朝の5時間→コーディグ&ブログ
1時間→運動
2時間→コーディング(生産性低)
1時間→休憩
5時間→コーディング
1時間→休憩
2時間→コーディング&読書(生産性低)
残りコミニュケーションと睡眠

結構効率的に物事が進む