田舎で猛烈に働くCEO

自分の考えなどをブログにします。

そもそも自由な働き方とは?

僕は自由な働き方というのを目指している。

また、自由な働き方をする人を増やしたい。

自分が好きな時に好きな場所で仕事をする人が増えると、良いなと思う。

しかし、そもそも自由な働き方とはどんなものか?

前提にあるのは、自由とはいえ、ハイパフォーマンスを出すことが条件である。 サボることを許しているわけではない。

企業

企業として、自由な働き方は可能なのか?   僕としては可能であると思っている。最近では残業時間がどうとか、就業時間がどうとかいう話があるが、 それすらも自由で良いと思う。

遅くまで働きたい人は働けば良いし、早く帰りたければ帰れば良い。ただ、最高のパフォーマンスを出せばそれで良いのではないか?ということ。

そもそもそんなものにルールを作るから縛られていくし、自由からは遠くなる。そして、そのルールの中でいかにうまくやるかしか考えなくなる。

僕はある程度の自由を与えることは可能であると思っている。

例えば、リモートワークなども自由を与えることになるだろう。 会社にきたければくれば良いし、家でやりたければやれば良い。それくらい自由で良い。

週休2日とか、1日何時間とかももはや必要ないと思っている。 やりたいだけやれば良いし、やりたくなければやらなければ良い。休みたい時に休んだって良いし、旅行生きたければ行けば良い。旅行先で仕事したければすればいいし。。。

ここできっとそれだとやらない人が増えそうなどの声があると思うが、それは一時的に会社に負担はあると思うが、そもそもそうなった時に後々辛いのは本人の方だと思っている。

今までのあり方じゃなければ仕事が回らないと思い込んでいるだけであって、もっと考えれば必ず無駄なルールや暗黙ルールなどをなくすことはできる。

働かない人が出てきたら、やめてもらえば良いだけ。そっちに目を向けるのではなく、いかに楽しみながら生産性を高められているか、また高めている人に目を向ければ良い。

フリーランス

僕は今後フリーランス人口が増えると思う。 今ではインターネットがあれば、どこででも仕事ができる時代へとなってきている。

わざわざ企業に所属しなくても、仕事はできるのだ。そして、アメリカではすでに3人に1人という数字も出ているくらいだ。 そのくらい、スタンダードへと変わっていく。日本では10人に1人とまだまだ多くはないが、思った以上にフリーランス人口がいる。

フリーランスは自分で仕事を取りに行かなければ仕事が来ないという面で確かに大変かもしれない。そのようなイメージも強い。 しかし、それが当たり前だと思っていたことがそうではなくなることもあるだろう。そうなる時代が必ずくる。

多くの人々はガラケーが当たり前であった。しかし、スマホが出ると、今ではスマホが当たり前となる。 今後インタネット、そしてウェブサービスのさらなる普及に伴い、フリーランスとして働くことが当たり前となる時代がやってくる。

最後に

僕の会社ではそのような働き方を提供できるようにしていきたい。

働き方を変えるという目標があるなら、まず自分たちから変える必要がある。一般的な働き方をするのではなく、やりたいようにできる企業文化を作る。そして、全く仕事をしない人はいずらい企業文化を作ることが大切だ。

もう一つ、僕からとことん楽しんで遊んで(働いて)行こうと思う。 経営者は優秀であるより、社内で一番楽しむ必要がある。誰よりも前のめりで楽しむ。