読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything beginning is to myself

自分の考えなどをブログにします。

僕が小さい時に襲われそうになった話し

僕は小さい頃ものすごく怖い経験をした。

小学校に入る前くらいの話。 ものすごく鮮明に覚えている。

きっとこの体験は人生の中で経験した事がある人は少ないと思う。

自分がしたくてできる経験じゃない。

いやむしろ他の人はしないほうが良い経験なのかもしれない。

どんな経験をしたのか?

僕はお面をかぶり、自転車に乗りながら、包丁を持った人に追いかけられた事があるのだ。

もう一度言う。

僕はお面をかぶり、自転車に乗りながら、包丁を持った人に追いかけられた事があるのだ。

僕は必死に大声を出しながら逃げた。。。

殺されると本気で思った。

そしたら近所のおばさん外から出てきて、 その包丁を持った人は逃げていってくれた。

本当に殺されると思った。。。

そこで僕は思った。世の中本当にこういう人がいるのかと。。。

それから僕は夜一人で走ったりするのが怖くなった。誰かに追いかけられたりするんじゃないか?ふといきなり包丁など刺されないか?僕はいつも警戒しながら外に出る。

今で警戒したりする。少しでも怪しそうであれば避けて通る。

いやその事件があったからこそ、警戒心は強い人になれたのかもしれない。

きっと他の人はしたことのない経験をした。

ありがとう?笑

お面をかぶり、自転車に乗りながら、包丁を持って、「まてー」と追いかけてくれて。

この人のおかげで僕は警戒心の強い人間になれました。

人間一つの経験の積み重なりなんですね。

もっと多くの経験をし、僕自身を作っていきます。

最後に

僕はこうやって生きています。しかし、運悪く、ここで刺されてしまう人もいます。僕はものすごく幸運の持ち主だと思います。

いや、今生きれてる人、全員幸運の持ち主なのかもしれませんね。生きている。それだけで幸運の持ち主です。

人は考え方次第で、幸せになれるんですね。

そして、周りの人には感謝をしなければいけませんね。

いつも読んでいただきありがとうございます。

また、これからもよろしくお願いします。