Everything beginning is to myself

自分の考えなどをブログにします。

ブログを書く理由

なぜブログ?

結論から言うと、人に伝える練習ができるからだ。

人に伝えることは難しい。しかし、ブログを使うことで練習ができる。

なぜ、人に何かを伝える練習をするのか?これはコミュニケーション力など人との会話や仕事でのやりとりもすべては何かを伝えることから始まる。

もうひとつは、面白くかつシンプルで使いやすいサービスを作れる人間になりたいからだ。

それと、ブログと何が関係するのか?

前にも書いたがブログは人に何かを伝える、文章を書く練習の場として優れている。

サービス人に何かを伝えるというのはどこか似ているところがあると思う。

サービスは使ってもらってこそサービスとして成り立つ。 サービスをいかに面白く、多くの人々に使ってもらうか?

多くの人に使ってもらうには、いかに使いやすく、シンプルでかつ機能としても優れていて、斬新的なものを作れるかだと感じる

これは文章とすごく似ていると思う。

文章は相手に伝わってこそ文章として成り立つ。

人に何かを伝えるにはいかに分かりやすくシンプルに伝えるかが鍵になる。 相手がわからないとなればそれは文章として成立しなくなる。文章は何かを相手に伝えるツールであるから。。。

サービスと文章の違いは使って楽しんでもらうか、読んで相手に伝わるかの違いだと思う。

どちらもつまらなかったら最後まで使ってもらえたり、読んでもらえたりはしない。

また、サービスを多くの人に使ってもらうには相手にこのサービスの良さを伝える必要がある。 良さを伝えるのも文章が役に立つ。相手に伝わる文章ならばきっとサービスを使ってみようとなるだろう。しかし、意味がわからない、つまらなそうと感じさせる文章ならばそこでサービスは使ってもらえずに終わってしまう。

人に伝えることの大切さ!!そして人に伝えることはいかに難しいか。。。だからこそ練習をする。

ブログという最高の練習場

ブログは読みやすくかつ面白く、分かりやすく書かないと誰も見てくれない。

いかにシンプルに伝えるか。。。

そしてブログは、読んでくれている人の人数なども把握できる。どんな文章や内容を書くと人は引きつくのかを分析することもできる。 この点がものすごく優れていると思う。

どのような構成で書けば面白いか?

どのような情報を載せることで人は引きつくのか?

どのよう言葉を使えば人は読むのか?

分析し、改善する。これを繰り返すことができるのはブログの良いところだろう。だからこそ、文章を書く、人に伝える最高の練習場なのだ!!!

「言いたかった事が伝わらない」文章は、文章としての役目を果たしていない。

使ってもらえないサービスはサービスとして役目を果たしていない

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さんも是非文章を書く練習という思いでブログを書いてみてはいかがでしょうか?

これからもどんどんブログを書いていきます。

よろしくお願い致します。