読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Very Hungry Very Foolish

自分の考えなどをブログにします。

人生は有限

人生論

もし明日死ぬとわかっていたら、今日やろうとしていることをするだろうか?

この題にもある「もし明日死ぬとわかっていたら、今日やろうとしていることをするだろうか?」はapple創業者である、スティーブジョブズも毎日のように自分に問いかけていたそうだ。

また、その答えが何日間も’NO’だとしたら、何かを変える必要がある。と言っていた。

自分自身もこの言葉は、20歳を超えたあたりで初めて聞いた。それまではどうせ80歳まで生きるなんて考えていた。だから周りに流されながら生きてきた。親の言うことや、親の目を気にして生きていた。親がいかに喜ぶかを考えて生きていた。

しかし、人は本当にいつ死ぬかわからない。。。

もっとリアルに死を考える必要があると思う。

今これを読んでいる方は少し読むのを止めて10秒でもいいから考えて欲しい。

今この瞬間が最後の日だと想像してみてください。

やりの越したことはないか? 悔しくないか?

僕はこれを考えた時に涙が出ました。ものすごく悔しくて。何もできていない自分が悔しくて。 もっと自分の心に素直になった方がいいと思いました。

でも、すくなからずこれを読んでいる人は運がいいことにまだ生きています。幽霊じゃない限り。。。

まだこれからやり直せるチャンスがいくらでもある。

もう亡くなってしまった人はやり直すことができない。けど、私たちにはまだチャンスはある。 これから自分に素直になって、やりたいことをやれるチャンスが!!!

本当に明日大きな地震が来て死ぬかもしれない。どうせこないだろうと思うかもしれませんが、東北の地震や熊本の地震のときも誰も来るとは思っていなかったでしょう。

だから、私たちは「死」と向き合い、生きていく必要がある。残念ながら必ず人はいつか人生最後の日を迎えるのです。

死と向き合い本当に自分がすべきこと、やりたいことをやって欲しい。

これは誰にでも言えることだと思う。

今悩んでいることなんてたいしたことない

今、あなたは何に悩んでいるでしょうか?

お金のことでしょうか。人間関係でしょうか。ひとそれぞれ多くの悩みを抱えていると思う。

でも、何回も言うようだけど人は必ず最後を迎える。だからそんな悩みもちっぽけなものにしかならない。

だって結局最後、人は全てを失うことになるのだから。。。

最後は全て失うのならば、悩んでないで挑戦した方が面白くないですがか?やりたいことを思い切ってやった方が楽しくないですか?

だからもっと自分らしく自分がやりたいように生きていいと思う。

でもやっぱり人生、大変なこともあるでしょう。あーやだなーってこともあるでしょう。

これゲームに例えるとわかりやすい。ゲームってなんでも簡単にクリアできたら結局つまらない。退屈しますよね?人生も同じだと思う。全ての物事がうまくいく人生なんて面白くない。 やりたいことやってもうまくいかない時があるからこそ人生は面白い。。。

そして、もう一つ。うまくいかない時、大変な時辛いですよね。でも必ずなんとか乗り越えられるのが人生でもある。だから面白い。

きっと人生最後の日、今の悩みなんてちっぽけなもの。それよりもやってこなかったこと、自分の殻に閉じこもっていたこと、自分に制限をかけていたことに後悔する。だから、もっとやりたいようにやっていいと思う。

本当に自分がやりたいことを追い求めた結果、俺は大学を辞め、プログラマを目指した。そして、これから友人と会社を設立しようとも考えている。 親の言うことなんて聞かずにただ自分がやりたいように生きると決めた。だからこそ、昔より親孝行しようっていう思いも強くなった。

親の言うことを聞くことが親孝行じゃない。親が本気で願っているのは大学を卒業することや、就職することではない。幸せに生きていくことだと思う。だから、言うこと聞かなくたって幸せに生きていることを示すことができたら、最高の親孝行だと思う。

最後に

俺も22歳でこれから先長いよ?って大人の方は思うだろう。 若者が何を言っているんだ?って思うだろう。

だけど、俺は父の弟が若くして亡くなったのを知っている。 ヒッチハイクで出会った20代の女性も若くして亡くなってしまったのを知っている。世界を旅している途中の不幸である。

だからこそ、死と向き合い生きていく。俺も今読んでいただいているあなたもいつ人生最後の日を迎えるかはわからない。

だからお互い悔いのないように自分らしく生きて行こう!!!

最後に

「今日が最後の日だとしたらあなたは同じことをしますか?」

そして、一番大切なことは自分の心に素直になることです。

本当に最後まで読んでいただきありがとうございます。