読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything beginning is to myself

自分の考えなどをブログにします。

才能があると言われる人たち

才能があるとは?

才能とは

物事をうまくなしとげるすぐれた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力。 
「 -に恵まれている」 「珍しい-の持ち主」 「 -を生かす」

よく、誰々は才能があるから成功したとか、あれは才能があったからできることだとか、耳にする。

しかし、よくよく考えると才能があるとは何かという疑問がうかんだ。 例えば、オリンピック金メダリストたちは生まれ持った才能があったのだろうか? 小さい時から結果を出し続けた金メダリストもいただろう。しかし、それは才能なのだろうか?

努力の証ではないのだろうか?小さい時から努力をし続けた結果でしかないと感じる。

人は他人の努力による結果を認めない性質を持っている気がする。 理由としては、正しい努力さえすれば目標達成すると知れば、努力しなくてはいけなくなってしまう。

言い換えれば、今現在の状況を才能がないせいでこのような状況になっていると考えられるからだ。 正しい努力をすれば目標が達成できると知ってしまえば、今まで努力していない、行動に移していない自分が 見苦しくなるからだと思う。

目標に対して、努力し続けた人が才能がある人

才能があると言われている人たちは皆正しい努力を目標が達成するまで続けた人たち。

お前じゃ無理だと言われていた人たちでも目標に対して行動に移し、努力をし、結果を残せば必ず才能があったと言われ始めるだろう。 やる前は無理だと言われている人でも、結果を残せば才能があったと言われる。

要するに、才能があると言われる人たちは目標に対して実際に行動に移し、結果出るまで努力し続けた人たちを才能がある人と言えるだろう。

やってみる

才能あるかないかはやはりやってみないとわからない。

だからこそとにかくやってみたいことをやってみる。。。やってみて楽しくなかったらやめれば良い。

そして本当に楽しいと思える何かに出会い、結果が出るまでやり通すことができれば、 才能があるとうことだ。

最後に

よく俺は親から翼じゃ無理だよとか、あの人たちは才能があったからと言われる。

結果を残しているからこそ才能はあったのだろう。しかし、その前に必ず行動することそして結果が出るまでやり続けることができたからだ。

とにかく目標に対して行動に移しやり続けようと思う。

いきなりハーフ

先週?いきなり20キロ走った話。

やっぱり臆病

前の日食べすぎたのが理由!これ以上太りたくないし、とにかく身軽でいたい。

夜に映画を見んがらポップコーンを食べてしまった。しかもキャラメル。。。

そこで決めた次の日20キロ走ろうと。。。そしたらプラマイゼロではないか?ということだ!!!

やはり自分は臆病者だと感じる。臆病ものであるからこそ何かをやらないと気が済まない。走らないと太ってしまウト思い込んでしまう。 しかし、それがプラスに働いている。だからこのまま臆病者でいい。

いきなりはやめた方がいい

本当にいきなりすぎた。毎日10キロいや5キロでもいいからやっているならわかるが、そんなに毎日走る人間ではなかった。

週に1、2回走る程度。週に三回夜に、お散歩する程度の運動量。普段仕事の日などは一日中パソコンとにらめっこしている毎日。 そんな人間がいきなり20キロなんてやめた方がいい。

結果として確かに走りきったが、とてつもなくきついし膝は痛くするし、頭は痛くなるし。。。

皆さんもやるならいきなりやるのではなく、毎日を積み重ねた方がいい。

だが、やりきった感は半端じゃない。そしてこんな小さな成功体験が次に生きる。俺ならできると。きっとまた20キロ走るのだろう。

早くフルマラソンを走れる日が来ますように。。。

どんなことでもいいからとにかくやってみよう。と言いながら自分もまだまだ。。。

tun83.hatenablog.jp

ブログを書く理由

なぜブログ?

結論から言うと、人に伝える練習ができるからだ。

人に伝えることは難しい。しかし、ブログを使うことで練習ができる。

なぜ、人に何かを伝える練習をするのか?これはコミュニケーション力など人との会話や仕事でのやりとりもすべては何かを伝えることから始まる。

もうひとつは、面白くかつシンプルで使いやすいサービスを作れる人間になりたいからだ。

それと、ブログと何が関係するのか?

前にも書いたがブログは人に何かを伝える、文章を書く練習の場として優れている。

サービス人に何かを伝えるというのはどこか似ているところがあると思う。

サービスは使ってもらってこそサービスとして成り立つ。 サービスをいかに面白く、多くの人々に使ってもらうか?

多くの人に使ってもらうには、いかに使いやすく、シンプルでかつ機能としても優れていて、斬新的なものを作れるかだと感じる

これは文章とすごく似ていると思う。

文章は相手に伝わってこそ文章として成り立つ。

人に何かを伝えるにはいかに分かりやすくシンプルに伝えるかが鍵になる。 相手がわからないとなればそれは文章として成立しなくなる。文章は何かを相手に伝えるツールであるから。。。

サービスと文章の違いは使って楽しんでもらうか、読んで相手に伝わるかの違いだと思う。

どちらもつまらなかったら最後まで使ってもらえたり、読んでもらえたりはしない。

また、サービスを多くの人に使ってもらうには相手にこのサービスの良さを伝える必要がある。 良さを伝えるのも文章が役に立つ。相手に伝わる文章ならばきっとサービスを使ってみようとなるだろう。しかし、意味がわからない、つまらなそうと感じさせる文章ならばそこでサービスは使ってもらえずに終わってしまう。

人に伝えることの大切さ!!そして人に伝えることはいかに難しいか。。。だからこそ練習をする。

ブログという最高の練習場

ブログは読みやすくかつ面白く、分かりやすく書かないと誰も見てくれない。

いかにシンプルに伝えるか。。。

そしてブログは、読んでくれている人の人数なども把握できる。どんな文章や内容を書くと人は引きつくのかを分析することもできる。 この点がものすごく優れていると思う。

どのような構成で書けば面白いか?

どのような情報を載せることで人は引きつくのか?

どのよう言葉を使えば人は読むのか?

分析し、改善する。これを繰り返すことができるのはブログの良いところだろう。だからこそ、文章を書く、人に伝える最高の練習場なのだ!!!

「言いたかった事が伝わらない」文章は、文章としての役目を果たしていない。

使ってもらえないサービスはサービスとして役目を果たしていない

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さんも是非文章を書く練習という思いでブログを書いてみてはいかがでしょうか?

これからもどんどんブログを書いていきます。

よろしくお願い致します。

臆病人間

自分の短所

ふと自分の性格などについて考えて見た。自分がどういう性格なのか、何がしたいのか?など。。。

そこで思った事。それは自分はものすごく臆病な人間であるという事だ。 臆病とは物に恐れやすい性質。ちょっとした事にも恐れること。 という意味がある。

まさに自分の性格は臆病だと分析する。しかし、臆病な人間はダメなのか?と疑問を持った。自分で言うのもなんだが、むしろ臆病な人間ほどいいのではないか?と感じた。

なぜ、臆病と感じたかと言うと、走っている時になんで俺は今走っているのかと考えた。そこで出た答えが、走りたかったと言うのと怖かったのだ。体が鈍るのが怖かった と言うのが答えだった。

もう一つ例を出す。よく行動力があるなど言われたりする時がある。決して自分はそうは思わない。むしろなさ過ぎるくらいだ。行動力がなさ過ぎる自分が怖いから何かをしていないと落ち着かない。 何かをしないと落ち着かないのだ。ものすごく臆病者だ。

だが、この臆病者のおかげでいくつか助けられている。一つはこれ以上人として、社会人として下がっていくのが怖い。だからこそ勉強や運動をやろうと言う気がわいてくる。成長意欲があるのだと感じる。 二つ目として、好きな事をして生きていきたい。 と言う思いがある。そして、好きな事ができない人生が怖いからこそ好きな事をやっていこうという思いにもなる。 それが行動にもつながる。

だから、臆病人間が悪いなんて思わない。

臆病くらいがちょうどいい。

もう一つの短所

落ち着きがない事だ。ものすごく落ち着きがない。

一つのことをやっていられない。と言うよりはやりたくないと言っても良い。何かしながら、違うことをしていないと気が済まない。

一冊の本が読む終わる前に何冊か同時平行で読み始めてしまう。そんな感じだ。これも臆病からきていると感じた。

処理能力がそんなに高くない自分が普通の人と同じことをやっていては追いつかない。だから、人とは違う道を歩まなければいけない。 もしかしたら、効率が悪いかもしれない。しかしそれはその人から見てだ。自分からしたらこれが一番効率的だと感じる。だから、一つのことに集中せずいろんなことに関して同時に考えたりもする。

しかし、良いこともある。切り替えが早かったりする。 この切り替えが早いと言うのは、ものすごくいい長所だなと思う。

一つの一つの作業への張り込みは早い方なのかなと自分で少し思う。(好きなことに関してだが。。。)

短所の裏には長所あり

こうみると、短所の近くに必ず自分の長所がある。

だから、まず自分の短所と見つめ合う事が自分の長所を見つけるヒントになるかもしれない。

あと一つ、必ず人には良いところ悪いところがあると言う事も事実。悪いところしかない、なんてことはない。 だから、悪いところがあったって良いじゃんって思う。

結果楽しい人生だったら良いと言うのが自分の考え。途中は苦しかったり、つまずいたりしても最終的に自分が満足する人生になるならそれで良いし、 そうすべき。

ギャンブルをやってみた

なぜギャンブル依存に陥る人がいるのか?

とりあえずパチンコはおもしろいのか?

など色々疑問があったから自分でやってみようとおもった。 あと生涯一度はって言う思いでやってみた。

tun83.hatenablog.jp

このブログにもパチンコって書いたしということでやってみた。

つまらない。。。

パチンコはつまらない。いやとてつもなくつまらない。

何が面白いのか全く理解ができないでいた。

けど、ウシジマくんという映画をみた際に答えが見つかった気がした。

パチコンにはまっていく人はお金目的。。。

確かにパチンコで少しのお金を投入して何倍にも帰ってきたらそれは楽だろう。今まで何時間、何十時間働いたお金が1日で手に入ったら楽だと感じるだろう。

しかし、お金目的ではない人ははまったりはしないと思う。つまらないから。

お金目的の人が楽にお金が入ると思い、どんどんパチコンにはまっていってしまうのだと感じた。それこそが負の連鎖でもあると思う。ウシジマくんにも描かれていたように、 パチコンのために借金をし、俺なら取り返せると勘違いをし、また負ける。そして借金が増える。

お金は必要だが目的にしたら楽しくない

何かをやるにしても、お金は必要だ。ご飯を食べるにも、どこかへいくにもお金は必要。生きていく中でお金は必要

しかし、何かしたいことがないのに多くのお金を求めたところで楽しいことはできない。いわゆるお金を目的に商売やギャンブルをすることだ。いくらお金があったところで使い道がなければそのお金には価値がなくなる。

お金は使い道があって初めて価値が生まれる。。。

人生を豊かにしたければ、やりたいことをすること。やりたいことのためにお金を稼ぐことだと思う。

そういう意味だとギャンブルが好きで好きでしょうがない。ギャンブルをやるために稼ぐというのはアリだと思う。しかし、お金を得るためにギャンブルにハマると借金地獄に陥るのだと思う。

まとめ

とにかくパチンコはつまらない。でも一度はやってみるといいと思う。

そして何をするにもお金を目的にしたら人生は楽しくない。。。ということ。

何のために働いているの?ときかれるかもしれない。今は彼女と一緒にどこかに行きたいし、もっと本だって読みたい。そして、お金をためて起業するためにお金を稼ぐ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

どうか、皆さんが楽しい人生をおくれますように。。。

飛行機人間になる

思考の整理学という本を何回か読んでいて、これは面白いなーって思ったことをあげる。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

グライダー人間

日本の教育はグライダー人間を育てる環境でしかない。

グライダーは自力では飛べない。人に例えると、「自分で学ぶ意欲」、「自分から何か行動する」ということをしない。いわゆる受動的な人間のことをグライダーとかけている。

自らが学ぼうとしない人間のことをグライダー人間と言っている。

現代の教育において全てを教えすぎているということ。教えすぎているからこそ、自分で考える、自分で学ぶ力が失う。

なぜ、グライダー人間を育ててきたのか?

真似する時代。とにかく成長するために外国の真似をして成長する。そのためには、言われたことを完璧にこなす技術が必要であった。だからこそグライダー人間は必要であったし、育てられてきた。

なぜ、言われたことを完璧にこなすのにグライダー人間がいいのか?

グライダーは自らは飛べない。しかし、誘導することで飛べるようになる。 言われたことを完璧にこなすには、誰かが誘導したことに対して完璧にやれればいい。

だからこそグライダー人間が必要だった。

飛行機人間になろう

今世の中に必要とされるのは飛行機人間

飛行機は自らの力で飛ぶ事ができる。エンジンがあるからだ。

自らが学び、自らが考え行動できる人間のことを飛行機人間という。

なぜ、飛行機人間が必要か?

守破離と言う言葉がある。

  • 守は言葉の通り師匠の教え忠実に守り、確実に身につける。
  • 破は他の師匠の考えを取り入れ、良いものだけを盗み成長する。
  • 離は独自に新しいものを生み出し確立させる

今の日本に求められていることは守破離のうち「離」に値する。

「離」は独立しなければいけない。独立するには自力で飛べる力が必要だ!!だからこそ飛行機人間が必要となってくる。

また、インターネットの技術がものすごいスピードで成長していく中で、誰かに教わることでしか学ぶことができなければ世の中においていかれる。自らが学び、考え成長していかなければいけない時代となった。

ひと昔前まではおそらく言われたことを完璧に実行できる人間が優秀とされていたかもしれないが、今の時代は自らが行動し、成果をあげることが求めらる時代。だからこそ、飛行機に人間になる必要がある。

飛行機人間になるには?

そもそもなんで?が重要!!!

どんなことにおいても疑問を持ち自らが考え、学ぶことで自力で学ぶ力身につく。教師、先生、教授の言うことをただ鵜呑みにして聞いていてはグライダー人間になってしまう。自分で情報を追い求める事が重要だ!!!

いろんな物事に対して疑いの目を持つ事が大切。もしかしたら、おもしらいアイディアに出会う可能性もある。

あとは行動あるのみ!!!

以上 思考の整理学(一章)でした。

中には自分の頭の中で考え発しているところもありますので、ぜひこの本を読んだ方でその考え方違くないか? などがあればご指摘ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

楽(たの)しく生きる 楽(ラク)して生きる

勘違い

最近「嫌ならやめてもいいじゃん!!」というブログを書いた。

tun83.hatenablog.jp

内容は、本当に嫌なら辞めて好きなことに没頭して楽しい人生にしていこう!!みたいな内容を書いた。

しかし、好きなことというのをもっと考える必要性があるなと思った。

~理由~

好きなことをして楽しい人生にするには、ギャンブルをやっててもいいのか? となると話が違ってくるなと思ったからだ。

また、楽(ラク)をして生きることと、楽(たの)しく生きるというのを勘違いしている人もいると思ったからだ。

「じゃー好きなことだけやって生きていく」ってなによ?

俺の考え。。。

まず、好きなこととは何か???

有限である時間を消費してでも成し遂げたいこと、のめり込みたいこと

努力を惜しまないこと(努力しているとも感じない)

が好きなことである!!と考えた。

「じゃーギャンブルやゲームは?」

ギャンブルというのは、「ギャンブルそのもが好きな人」もいると思うが、多くの人はギャンブルそのものよりも、「お金」が目的でやっているだけだということ。

短時間で、楽をしながらお金を手にすることができる。などと考えている人のこと。。。これは本質的にギャンブルが好きなのか?というとそうではないと思う。努力などせずに楽に稼ぎたいがゆえにギャンブルにのめり込んでしまっている。

お金が目的になっているから、お金の扱い方もわからず借金なんかもしてしまう。

そもそもギャンブル自体が好きな人ってお金に困っていない気がする。お金が目的ではないから。しっかりとお金についても考えている。

しかし、お金を目的にギャンブルしている人は、ギャンブルそのものが好きというより、お金が目的だから、お金に困っている人が多い。

ゲームも同じ?

ゲームも同じことが言える。ゲームをしている方が楽だからゲームが好きというのは、楽をしたいだけであって根本的に好きなのか?というとそうではないと思う。これも依存症になる。

本当に好きで好きでしょうがないという人は、きっとゲームのために何かをすることができる人だと思う。自分で頑張って働いてなるべくゲームのためにお金を使って生きていける人がゲーム好きと言えると思う。だからお金にも困っていない。ゲームが好きだから。

楽して生きるのと、楽しんで生きるのは違う。

楽していきたい、何も考えたくないというのは違う。 楽しい人生にするにはどうすればいいか?を考える必要がある。

楽しくもない仕事、辞めたいと思っていても会社にとどまる人も結局は楽を求めている。今の現状で満足し何も考えずにただ降格するの待っている。

こういう人はギャンブルや、ゲームをやっている人となんら変わりはない。 考えていないから。。。

世の中的にギャンブルやゲームのイメージが悪いだけであって、根本的な話をすると同じだ!ということ。

何も考えずに周りの目を気にして、嫌々楽しくもない仕事を続けている人というのは何も考えず、楽を求めているという点で同じだということ。

ただ一つだけ勘違いして欲しくないのは、今の会社が楽しいとか、大学楽しい人は全然それでいいということ。そこで、楽しめているならそれでいいということ。 決して、サラリーマンがダメとかそういう話をしたいわけではない。

こんなことを言うと批判をくらいそうだけど、俺はそう考える!!

まとめ

最終的に何が言いたいか?

有限である時間を消費してでもやりたいこと、成し遂げたいことに時間を費やすべき

楽を求めて何も考えず人生を歩んでも楽しい人生とは言えない

今からやろうとしていることは、明日人生最後の日とわかっていてもやるか?

好きなことをして生きていくにはそれなりの覚悟も必要

楽することと楽しむことは違う

好きでもないことは楽をしてのりこえろ!!

好きなことに100%の力を注げるように