読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything beginning is to myself

自分の考えなどをブログにします。

嫌ならやめてもいいじゃん!!

やりきる力

俺は大學を中退した。

世の中的には「勿体無い」「最後までやるきる力がない」などの意見がある。

これは、新入社員が一年でやめるなどの話にもつながる。「最低でも三年は勤めろ」「すぐにやめる奴は根性がない」とか「せっかく入ったんだから」とかなどの意見をよく聞く。

しかし、本当だろうか?何がもったいのだろうか?途中でやめる奴はやるきる力がないのだろうか?なぜ、やめた奴は根性がないと言われなければいけないのか?

このことについて、ものすごく違和感を持っている。

  • 途中でやめることがもったいないについて

俺からしてみれば、好きでもないことに嫌々時間を費やしている方がもったいないという考えを持っている。全員が同じことをする必要性がない。一人ひとり、好きなことをすればいいのではないか?と思う。好きなことに時間を潰せてない方がもったいないと感じる。

  • 途中でやめる人は根性がないについて

むしろ、「何も考えずにただそこにい続ける人間の方が根性がないな〜」と感じる 自分で考えるのを放棄しているのだから。考えずただ、周りの目を気にして「嫌われないように」などと考えながら生活している人間の方が根性がないと考える。

  • やるきる力について

日本人は過程に目が行きがちだ。しかし、本質的に必要なのは結果。「最後まで自分でやる」などの考えはチームや組織には必要ない。結果として成功したか、うまくいったかだけが重要である。

チームや組織だけの話でもない。個人でも同じ話。一人でやったところでできないものはできないで、早くできる人に頼み、成功させること。。。

なので、結果的に成功していればそいつにはやるきる力があったわけだし、長く続けたけど、結果的には成功したとは言えないのならばそいつにはやりきる力はないことになる。

何を持って成功かについては、おそらく多くの議論がある。例えば、「お金」「名誉」「自分のビジョンの達成」などがある。

総じて結果成功したかでいい。一人ひとり成功の価値は違くてもいいが、結果成功したかだ。

やるきる力には多くのスキル、能力が必要になる。俯瞰する力。人に頼るスキル。やめるスキル。などが関わってくる。やめる力というのは時にはリーダーを降りたり、社長を辞めたりすることだ。これは、チームとして成功する際には必要ふかけだと考える。

やりきる力=成功させる、結果を出せる力ということだ!!!

決して「最後まで自分でやること」がやる力というわけではない。と考える。

なぜ途中でやめないのか?

親にはよく「最後までやりきりなさい」などをよく言われた。また、先生なども同じようなこと言ってくる人は多い。 しかし、そもそもなぜ途中でやめてはいけないのか?

「やめ癖がつく」「ここまで来たんだから」「もう少しやれば楽しくなる」など、理由があってこのようなことを言ってくるのだろう。

なぜ、途中でやめることで、やめ癖がつくのか? なぜもったいないのか? なぜもう少しやれば楽しくなるのか?ものすごく疑問に思う。

確かに、もう少しやれば楽しくなるには一理共感もできる。しかしこれは最初のうちだけであって、本当にやっていて楽しくないものは途中でやめていい。 始めて間もない時(何もできない時)に「楽しくないから」は確かにもう少しやってみれば?とも考える。

例えばゲーム。。。 よくゲームをする人はわかると思う。一番最初に新しいゲームをやる時は誰でもつまらない。 最初から楽しいゲーム珍しい。なぜなら、最初は誰もできないからだ。できないうちは何も楽しくない。けど、続けていくうちに楽しくなっていく。

少なからず他にも同じことがいえるのではないか?プログラミングや、勉強、スポーツなど。。。

しかし、ゲームだってやって、できるようになったってつまらないものはつまらない。 だから途中であろうとやめる。

なのに、会社や部活などはそれを許さない。また、自分自身もやめない。

ここで言いたいことは、楽しくないものは楽しくない!ということ。もっと好きないことに目を向け、心に素直になって好きなことをするべきだと思う。そっちの方が圧倒的に時間を有効的に使えている。

また、周りの目を気にしている人もいると思うが、周りの人なんていうのはその時は何か言ってくるかもしれないが、少し時間が経つと存在すら忘れることだって少なくない。結局自分のことで忙しい!!!

そんなことに気を取られて好きなことができない方がもったいない。

楽しくなかったらすぐにやめるべきということを言いたい!!!

自分も周りも不幸になるだけだ。。。

最後に

俺は大学を途中でやめ、ものすごくすっきりしている。嫌なことに悩む必要が無くなったからだ。

そして変な義務感に追われる必要が無くなったからだ。また、やりたいことができているからだ。

おそらく、多くの人は大学を卒業する義務みたいなのを勝手に刷り込まれているかもしれない。

そもそも、大学というのは入学するためのものでも卒業するためのものでもない。好きなことを勉強する場所に過ぎない。勉強するための場所なのに、「テストがどうとか」「授業がどうとか」言っている時点で行く必要性がないのではないか??

だったら自分で好きなことを勉強した方がいい。

今の大学のあり方として、なぜか入学して卒業し就職させることが目的になっている気がする。楽単(楽に単位がとれること)という言葉がある時点で大学の本来ある意味が変わっていると思う。

今までの当たり前を疑ってみてはどうか?

俺は大学を辞め、少しずつではあるが好きなことを中心に、やりたいことをやる人生になってきたのかな?と自分自信感じる。すくなからず、大学を辞め、やってみたかったプログラマーになることができた。

これは小さな成功体験でもある。

次は面白いサービスを世の中に広めていく。

過去を振り返らず今この時を楽しむこと!!!

過程ではなく、結果にコミットすることこそがやりきる力

最後まで読んでいただきありがとうございます。 おそらくこの話は賛否両論かと思います。

多くの意見聞けたらと思います。そこで何かしら議論ができたら面白いです。 (おそら、自分の考えは変わらないが。。。)

ヒッチハイクという経験

最初にヒッチハイクで乗せていただい方には感謝の思いしかない。 また、お会いする機会があれば是非お会いして食事にでも行きたい。。。

本当にありがとうございました。この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

話しかける勇気

俺がヒッチハイクを始めてやったのは大学一年生のとき。

北海道一周を目標にしてヒッチハイクを始めた。なぜ、ヒッチハイクをやろうとなったのか。 せっかく北海道の短大にいるのだから、北海道の各地に行きたいという思いがあった。しかし、お金が。。。と思ったが、交通費を節約することはできると考えヒッチハイクをやることになった。

一番最初は高速道路のパーキングエリアからスタートした。やはり高速でより早く遠くに行けるからだ。そして、パーキングエリアなら車が止まっている。動いている車を止めるより、やはり楽だろう。

しかし、いざ話し掛けようと思うと、始めてだと戸惑いがあった。本当に大丈夫だろうか。 いやそんなことより恥ずかしさの方が強かったのかもしれない。

けれど、ここまで来たからにはやるしかない。。。「すみません。○○に行きたくて乗せてくれませんか?」

ものすごく胸の中はドキドキした。だが、一度声をかけてしまえばこっちのものでよくわからないけど、次々と話しかけれるようになってしまっていた。

「いいよ。乗せてあげるよ」と言われたら、もう嬉しくてたまらない。

人の優しさ

ヒッチハイクをやっていて一番の学びは、人の優しに気づくことだと思う。

見ず知らずの変な若者をタダで(自分に得もないのに)、車に乗せてくれる。おそらくやった事ある人はわかると思うが、ただたん車に乗せてくれるだけでないことが多い。例えば、「○○まで行きたい」と言った時に、わざわざ自分の行き先の少し先までとか、車が止まりやすいところを探してくれたりとか、中には暇だからと100キロ先まで乗せてくれたりとか、何かをおごっていただくことも少なくない。

おそらくこの経験はヒッチハイクをしないとできない経験だと思う。

ものすごく得るものが大きい。人の優しさを受けたからには自分も他の人に同じように、それ以上に人に優しくしようと、親切にしょうと思うようになった。

実際にできているかどうかはわからないが、なるべく心がけるようにしている。

また、一番変わったことは「ありがとう」という言葉を多く使うようになった。

自分で言うのもなんだが、ものすごい成長だと思う。

一つの失態

ヒッチハイクをやっていて一つだけ失態を犯している。

せっかく乗せていただいたのに、車の中で寝てしまったことがあることだ。これだけは後悔している。全ての車だけではないが、すくなからず寝てしまった車もある。

おそらく乗せるということは何かのストーリーなどを期待しているかもしれない。何か面白い話が聞けるのかもしれないという思いで乗せたのかもしれない。だから、自分が寝たら、元も子もない。

今思うと本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいだ。

さいごに

ヒッチハイクの勧め

少しでもヒッチハイクをやってみたいという思いがあるならやるべき。 別に一人でやる必要はない。友人を誘ったっていい。

なぜやるべきかは上記に書いた理由が大半だ。 しかし、それ以外にも大学生ではお金がないが、時間はあると思う。時間があるうちにいろんな場所に行き、いろんなものを食べ、多くの人とふれあい、多くの芸術、風景などをみるといい。

何か得かはわからないが、やっておけばよかったってなるより、やったほうがいい。

恥ずかしさなんかはきっと初日で消える。いや1時間で消える。笑

最後まで読んでくださりありがとうございます。

また、ヒッチハイクの際に車に乗せてくれた方、家に泊まらせてくださった方、お世話になっている方、本当にありがとうございました。

tun83.hatenablog.jp

人生は有限

もし明日死ぬとわかっていたら、今日やろうとしていることをするだろうか?

この題にもある「もし明日死ぬとわかっていたら、今日やろうとしていることをするだろうか?」はapple創業者である、スティーブジョブズも毎日のように自分に問いかけていたそうだ。

また、その答えが何日間も’NO’だとしたら、何かを変える必要がある。と言っていた。

自分自身もこの言葉は、20歳を超えたあたりで初めて聞いた。それまではどうせ80歳まで生きるなんて考えていた。だから周りに流されながら生きてきた。親の言うことや、親の目を気にして生きていた。親がいかに喜ぶかを考えて生きていた。

しかし、人は本当にいつ死ぬかわからない。。。

もっとリアルに死を考える必要があると思う。

今これを読んでいる方は少し読むのを止めて10秒でもいいから考えて欲しい。

今この瞬間が最後の日だと想像してみてください。

やりの越したことはないか? 悔しくないか?

僕はこれを考えた時に涙が出ました。ものすごく悔しくて。何もできていない自分が悔しくて。 もっと自分の心に素直になった方がいいと思いました。

でも、すくなからずこれを読んでいる人は運がいいことにまだ生きています。幽霊じゃない限り。。。

まだこれからやり直せるチャンスがいくらでもある。

もう亡くなってしまった人はやり直すことができない。けど、私たちにはまだチャンスはある。 これから自分に素直になって、やりたいことをやれるチャンスが!!!

本当に明日大きな地震が来て死ぬかもしれない。どうせこないだろうと思うかもしれませんが、東北の地震や熊本の地震のときも誰も来るとは思っていなかったでしょう。

だから、私たちは「死」と向き合い、生きていく必要がある。残念ながら必ず人はいつか人生最後の日を迎えるのです。

死と向き合い本当に自分がすべきこと、やりたいことをやって欲しい。

これは誰にでも言えることだと思う。

今悩んでいることなんてたいしたことない

今、あなたは何に悩んでいるでしょうか?

お金のことでしょうか。人間関係でしょうか。ひとそれぞれ多くの悩みを抱えていると思う。

でも、何回も言うようだけど人は必ず最後を迎える。だからそんな悩みもちっぽけなものにしかならない。

だって結局最後、人は全てを失うことになるのだから。。。

最後は全て失うのならば、悩んでないで挑戦した方が面白くないですがか?やりたいことを思い切ってやった方が楽しくないですか?

だからもっと自分らしく自分がやりたいように生きていいと思う。

でもやっぱり人生、大変なこともあるでしょう。あーやだなーってこともあるでしょう。

これゲームに例えるとわかりやすい。ゲームってなんでも簡単にクリアできたら結局つまらない。退屈しますよね?人生も同じだと思う。全ての物事がうまくいく人生なんて面白くない。 やりたいことやってもうまくいかない時があるからこそ人生は面白い。。。

そして、もう一つ。うまくいかない時、大変な時辛いですよね。でも必ずなんとか乗り越えられるのが人生でもある。だから面白い。

きっと人生最後の日、今の悩みなんてちっぽけなもの。それよりもやってこなかったこと、自分の殻に閉じこもっていたこと、自分に制限をかけていたことに後悔する。だから、もっとやりたいようにやっていいと思う。

本当に自分がやりたいことを追い求めた結果、俺は大学を辞め、プログラマを目指した。そして、これから友人と会社を設立しようとも考えている。 親の言うことなんて聞かずにただ自分がやりたいように生きると決めた。だからこそ、昔より親孝行しようっていう思いも強くなった。

親の言うことを聞くことが親孝行じゃない。親が本気で願っているのは大学を卒業することや、就職することではない。幸せに生きていくことだと思う。だから、言うこと聞かなくたって幸せに生きていることを示すことができたら、最高の親孝行だと思う。

最後に

俺も22歳でこれから先長いよ?って大人の方は思うだろう。 若者が何を言っているんだ?って思うだろう。

だけど、俺は父の弟が若くして亡くなったのを知っている。 ヒッチハイクで出会った20代の女性も若くして亡くなってしまったのを知っている。世界を旅している途中の不幸である。

だからこそ、死と向き合い生きていく。俺も今読んでいただいているあなたもいつ人生最後の日を迎えるかはわからない。

だからお互い悔いのないように自分らしく生きて行こう!!!

最後に

「今日が最後の日だとしたらあなたは同じことをしますか?」

そして、一番大切なことは自分の心に素直になることです。

本当に最後まで読んでいただきありがとうございます。

人生でやりたいことリスト1000!?!?

思い立ち

最高の人生の見つけ方という映画を見て俺も死ぬまでにやりたいことリストを作ろうと思い、2、3年くらい前に少し書いて、実行してみた。

やっぱり自分がやりたいことをやるってのはすごい楽しいし幸せだよ。。。 だからもっと増やそうと思う。

初めは100個くらいかけたらいいなー程度で書いてみたけど、意外と多く書けたので1000個くらいかけたらいいなーって今は思ってる。。。ものすごい欲張り人間です。。。

人生欲張ったもの勝ち!!!

なんで今回ブログに投稿するかというと、これを見て、 「こいつはどんなことをやりたいのかなー」とか、「俺もそれやりたいとか」、「俺はもうそれやったぜ」って想いになればいいな〜〜

っていうのと、これを見て「俺もリストつくろう」とかいう人が出てきたら嬉しいし、一緒に達成させていきたい。

簡単に言うと、仲間を増やしたい。

そして、実際に達成した中であーだこーだ言って馬鹿みたいに話して盛り上がりたい。

「俺にはそんなにやりたいことないよ」とかいう人。よくいるけどそれ本当?って思う。だって、例えば有名人、男性ならガッキーとか、石原さとみとか、武井咲とかに会いたいとか、あると思う。そのくらいでいいんじゃないのかな?ずっとゲームしてたいとかそんなんでいいじゃん。

「どうせ俺にはできない」はなし!!!! 現に俺だってプログラマになれた。。。

tun83.hatenablog.jp

この中でものすごく抽象的なものがあるけど、この項目は生きていく中で達成出来たかなと自分が思えれば消していこうと思う。

また、このリストは今いる大切な彼女と一緒に実行して、一緒にリストを増やしていく。その過程も楽しみ!!

リスト

  1. [ ] エベレストに登る

  2. [ ] イギリス(ストーンヘンジ )

  3. [ ] フランス(エトワール凱旋門

  4. [ ] フランス(モンサンミッシェル )

  5. [ ] ドイツ(ケルン大聖堂

  6. [ ] ドイツ(ノイシュヴァンシュタイン城

  7. [ ] イタリア(マルフィ)

  8. [ ] イタリア(青の洞窟)

  9. [ ] イタリア(リオマッジューレ)

  10. [ ] イタリア(ヴァルドルチャ)

  11. [ ] イタリア(ランペドゥーザ島

  12. [ ] スイス(ベルン旧市街)

  13. [ ] ノルウェー(西ノルウェーフィヨルド )

  14. [ ] オーストリア(ザルツブルク

  15. [ ] スコットランド(フィンガルの洞窟)

  16. [ ] アメリカ(ニューヨーク)

  17. [ ] アメリカ(グランドキャニオン)

  18. [ ] アメリカ(ヨセミテ国立公園

  19. [ ] アメリカ(アンテロープ

  20. [ ] アメリカ(シリコンバレー

  21. [ ] チリ(イースター島

  22. [ ] インド

  23. [ ] オーストラリア(エアーズロック

  24. [ ] オーストラリア(グレートバリアリーフ

  25. [ ] オーストラリア(フレーザー島)

  26. [ ] インドネシア

  27. [ ] シンガポール

  28. [ ] ドバイ

  29. [x] バリ島

  30. [x] グアム

  31. [x] オーストラリア

  32. [ ] カンボジア

  33. [ ] アフリカ

  34. [ ] カナダ(ナイアガラの滝)

  35. [ ] カナダ(モレーン湖)

  36. [ ] エジプト

  37. [ ] 小笠原諸島

  38. [ ] 青ヶ島

  39. [ ] 海外のディズニー

  40. [ ] グリーンランドアイスランド

  41. [ ] アラスカ

  42. [ ] 中国(万里の長城

  43. [ ] 網走流氷

  44. [x] 最北端に行く(宗谷岬

  45. [x] 知床とに行く

  46. [ ] 白神山地に行く

  47. [x] 函館山に行く

  48. [x] 函館で朝市場で海鮮丼食べる

  49. [x] 青森にある奥入瀬渓流にいく

  50. [x] 岩手にある龍泉洞に行く

  51. [ ] 秋田にある九階の滝に行く

  52. [ ] 山形にある銀山温泉にいく

  53. [ ] 福島にある五色沼に行く

  54. [ ] 栃木(日光)

  55. [ ] 群馬(吹割の滝)

  56. [ ] 千葉(鋸山)

  57. [ ] 神奈川の箱根旅館にとまる

  58. [ ] 富山(黒部ダム 黒部峡谷

  59. [ ] 長野(渋温泉金具屋)

  60. [ ] 長野(上高地

  61. [ ] 山梨(西沢峡谷)

  62. [ ] 岐阜(飛騨大鍾乳洞)

  63. [x] 岐阜(白川郷

  64. [x] 静岡(富士山)

  65. [ ] 静岡(白糸の滝)

  66. [x] 静岡(夢の吊り橋)

  67. [x] 静岡(奥大井湖上駅

  68. [ ] 静岡(天窓洞)

  69. [ ] 三重(四日市工場夜景)

  70. [ ] 京都の清水寺に行く

  71. [x] 京都の金閣寺にいく

  72. [ ] 京都の西芳寺にいく

  73. [x] 大阪の道頓堀に行く

  74. [ ] 鳥取鳥取砂丘

  75. [ ] 島根(出雲大社

  76. [ ] 島根(稲佐の浜

  77. [ ] 山口(角島大橋

  78. [ ] 長崎(軍艦島

  79. [ ] 熊本(阿蘇山

  80. [ ] 熊本(鍋カ滝)

  81. [ ] 鹿児島(屋久島)

  82. [ ] 沖縄(与那国島

  83. [ ] 沖縄(古宇利大橋)

  84. [x] ヒッチハイクで日本一周

  85. [x] 秘湯に入る

  86. [ ] 世界一周

  87. [ ] 車で日本一周

  88. [ ] 47都道府県すべていく

    ちなみに行ったことある県

    • 北海道 青森 岩手 福島 宮城 秋田 群馬 埼玉 東京 千葉 神奈川 新潟
    • 長野岐阜 山梨 静岡 愛知 大阪 京都 兵庫 香川 愛媛 大分 宮崎 長崎
    • 佐賀 福岡 広島 沖縄
  89. [x] 富士山を登る

  90. [ ] 富士山1合目からのぼる

  91. [ ] スカイダビングをする

  92. [ ] ポルシェに乗る

  93. [ ] アウディーに乗る

  94. [ ] フルマラソン完走

  95. [ ] 100キロマラソン完走

  96. [ ] ジェットスキーの免許を取る

  97. [ ] 起業する

  98. [ ] 時価総額世界一の企業を作る

  99. [ ] 家族のような組織を作る

  100. [ ] 会社敷地内を街のようにする

  101. [x] 結婚する

  102. [ ] 本を出版する

  103. [ ] 車を作る

  104. [ ] パソコンを作る

  105. [x] プログラマになる

  106. [ ] ロボットを作る

  107. [ ] オーロラを見る

  108. [ ] TEDに登壇する

  109. [ ] ウェブサービスを100作る

  110. [ ] MacProを買う

  111. [ ] iMacを買う

  112. [ ] 宇宙に行く

  113. [ ] バンジージャンプをする

  114. [x] 湘南に住む

  115. [ ] 豪邸を建てる

  116. [ ] 世界一のお金持ちになる

  117. [ ] 日本一の納税者になる

  118. [ ] スカイツリーに登る

  119. [ ] サーフィンをする

  120. [x] スノーボードをする

  121. [ ] 本田圭佑と友達になる

  122. [ ] マークザッカーバーグと友人になる

  123. [ ] 砂漠に行く

  124. [ ] ベンホロヴィッツと友達になる

  125. [ ] ビルゲイツに会う

  126. [ ] twitterのフォローワー十万人に増やす

  127. [ ] facebookの友達を五千人に増やす

  128. [ ] パラグライダーをする

  129. [ ] 宇宙に行く

  130. [ ] アプリを50個作る

  131. [ ] テレビに出る

  132. [ ] 映画に出る

  133. [ ] 久石譲さんの生演奏を聞く

  134. [ ] オフィスを持つ

  135. [ ] 海外に別荘を持つ

  136. [ ] ドローンを作る

  137. [ ] オリンピックを生で見る

  138. [ ] ブログを一年間続ける

  139. [ ] ハワイで結婚式

  140. [ ] 百人の友人同士でパーティー

  141. [ ] 親孝行

  142. [ ] 親に世界一周の船の旅のチケットをプレゼント

  143. [ ] 北海道を歩いて一周する

  144. [ ] 茂木健一郎さんに会う

  145. [ ] 1000人の人に食事を奢る

  146. [ ] UFOを自分の目で見る

  147. [ ] 宇宙人に会う

  148. [ ] 一日一冊本を読むのを一年間続ける

  149. [ ] パソコンを分解して組み立てる

  150. [ ] iphoneを分解して組み立てる

  151. [ ] 野球球団を運営する

  152. [ ] 1億人の人と笑い合う

  153. [x] 大曲の花火大会に行く

  154. [ ] カナダでスキーする

  155. [ ] 家で100人集めてバーベキューする

  156. [ ] 家で野菜を育てる

  157. [ ] 世界で一番高価なホテルに泊まる

  158. [x] とことんサボる

  159. [ ] 漁をする

  160. [ ] ワイン風呂に入る

  161. [ ] 10億人を笑顔にする

  162. [ ] 30億人の人に自分を知ってもらう

  163. [ ] お父さんにフェラーリを買う

  164. [ ] お母さんにマンションを買う

  165. [ ] 今までお世話になった人に恩返しする

  166. [ ] ホームレスの人にお金をあげる

  167. [ ] 子どもを作る

  168. [ ] 世界のディニー制覇

  169. [ ] 夫婦でカフェを経営する

  170. [ ] ホームシアター

  171. [ ] 学校で講演する

  172. [ ] 60歳になった時に45歳くらいに間違えられるような若さでいる

  173. [ ] 家族で世界を一周する

  174. [ ] 彼女(妻)をずっと笑顔にする

  175. [ ] 彼女(妻)と富士山に登る

  176. [ ] 富士山の頂上からスキーする

  177. [ ] 気球に乗る

  178. [ ] 子どもの髪を切ってあげる

  179. [ ] 一年間、毎日映画一本見る

  180. [ ] ピアノを弾けるようにする

  181. [ ] バイオリンを弾けるようにする

  182. [ ] 子どもの結婚式でバイオリンで演奏する

  183. [ ] ギネス記録を一つ持つ

  184. [ ] トライアスロン完走

  185. [ ] 無人島で一週間生活する

  186. [ ] カジノをする

  187. [ ] ヘリコプターに乗る

  188. [ ] ラクダに乗る

  189. [ ] 馬に乗る

  190. [x] キャビアを食べる

  191. [x] フォアグラを食べる

  192. [ ] トリュフを食べる

  193. [ ] イベントを主催する

  194. [ ] サプライズで友人を泣かす

  195. [ ] ヒッチハイカーを乗せる

  196. [ ] 「いつものお願い」が通じるお店を10個作る

  197. [ ] ウィーンでオーケストラを聴く

  198. [ ] ガラパコスでダイビングする

  199. [ ] ウミガメと一緒に泳ぐ

  200. [ ] 従業員全員のお給料を1000万円以上の会社にする

  201. [ ] 一年間毎日お寿司を食べる

  202. [ ] 一年間毎朝ステーキを食べる

  203. [ ] 一年間毎日餃子を食べる

  204. [ ] 小学校の友人と遊ぶ

  205. [ ] 北極にいく

  206. [ ] ニセコでスキーする

  207. [ ] ホバーボートに乗る

  208. [ ] 自分の家系以外の龍頭という姓を持つ人に会う

  209. [ ] ヨガを習う

  210. [ ] 一眼レフを買う

  211. [ ] イルカと一緒に泳ぐ

  212. [ ] 本当に馬鹿だねと言われ続ける

  213. [ ] オールフリースペースを貸し出す

  214. [ ] 自分のそっくりさんを見つける

  215. [ ] レストランでここにいる人すべての分を奢る

  216. [ ] お兄ちゃんと食べに行く

  217. [ ] 従兄弟と旅行に行く

  218. [ ] どこまで寝ないでいれるか挑戦する

  219. [ ] どこまで寝れるかをやる

  220. [ ] 家の中を風船でいっぱいにする

  221. [ ] 英語を話せるようにする

  222. [ ] 英語の本を年間で100冊読めるようにする

  223. [ ] 社員全員で毎週バーベキュー

  224. [ ] 子どもがいるオフィスにする

  225. [ ] 料理が作れるオフィスにする

  226. [ ] マグロを釣る

  227. [ ] ファーストクラスに乗る

  228. [ ] 豪華客船に乗る

  229. [ ] 寄付金5000億円の寄付をする

  230. [ ] コップを作る

  231. [ ] オーダースーツを作る

  232. [ ] オーダースーツをプレゼントする

  233. [ ] 蕎麦を打つ

  234. [ ] 寿司を握る

  235. [ ] 自分で握ったお寿司を家族で楽しく食べる

  236. [ ] フライボートを体験する

  237. [ ] メジャーリーグを見に行く

  238. [ ] 陶芸をする

  239. [ ] ボルダリングをする

  240. [ ] カヤックに乗る

  241. [ ] 使って喜ぶようなものを作る

  242. [ ] ハリウッド映画に出る

  243. [ ] ナノパズルを全て集める

  244. [ ] 同世代からあいつかっこいなーって言われる

  245. [ ] 水上スキーをする

  246. [ ] パラセーリングをやる

  247. [ ] フライフィッシュをやる

  248. [ ] 潜水スクーターに乗る

  249. [ ] 馬券を買う

  250. [ ] F1を見に行く

  251. [ ] イーロンマスクト友達になる

  252. [ ] 自家用ジェットを買う

  253. [ ] 自家用クルーザーを買う

  254. [ ] 毎朝ジョギングする

  255. [ ] 朝活で登山する

  256. [ ] 朝活でスキーする

  257. [ ] 旬のウニを満足いくまで食べる

  258. [ ] デザインの勉強する

  259. [ ] 夫婦二人で100歳まで生きる

  260. [ ] 100歳の夫婦でも笑って仲良く旅行する

  261. [ ] 40歳になってもかっこいいと言われる

  262. [ ] 子どもの授業参観に参加する

  263. [ ] 子どもの運動会を見に行く

  264. [ ] フランス料理に挑戦する

  265. [ ] 北海道を東京都以上にstart upでわんさかする街にする

  266. [ ] セグウェイに乗る

  267. [ ] ジェフベゾスと友人になる

  268. [ ] 民間宇宙会社に協力する

  269. [ ] 自動運転事業に協力する

  270. [ ] 毎年富士山に登る

  271. [ ] 全ての運動服と靴をナイキで揃える

  272. [ ] apple watchを買う

  273. [ ] ソファーを買う

  274. [ ] ジャクジー風呂を家に置く

  275. [ ] 家にサウナを作る

  276. [ ] 家にトレーニングマシンを置く

  277. [×] サイクリング用の自転車を買う

  278. [ ] なんでも許せる大きな器持つ人になる

  279. [ ] サッカー日本代表の試合を見に行く

  280. [ ] バナナマンの単独ライブを見に行く

  281. [ ] toeic満点を取る

  282. [ ] 田んぼで泥だらけになる

  283. [ ] 写真集を出す

  284. [ ] 60歳でも6バックのボディー

  285. [ ] お父さんを泣かす(感動の涙)

  286. [ ] 新幹線の旅をする

  287. [ ] 本場のピッツァを食べる

  288. [ ] 本場のカルボナーラを食べる

  289. [ ] 本場の中華を食べる

  290. [ ] かっこいいバックを10個集める

  291. [ ] ナイキの靴を10こあつめる

  292. [x] 名刺を自分でデザインする

  293. [ ] ビールかけをする

  294. [ ] 心霊体験をする

  295. [ ] 睡眠術をかけてもらう

  296. [ ] 一回の食事で100万払う

  297. [ ] W杯を生で観戦する

  298. [ ] プラチナカードを持つ

  299. [ ] ツリーハウスを作る

  300. [ ] イースター島でモアイ像を見る

  301. [ ] ラーメンの麺を打つ

  302. [ ] 野生のクマを見る

  303. [ ] クマの鮭キャッチを見る

  304. [ ] ふぐ刺しを食べる

  305. [ ] セスナの免許を取る

  306. [ ] かまくらの中で鍋をする

  307. [ ] かまくらの中で焼肉をする

  308. [ ] 100インチのテレビでゲームをする

  309. [ ] イチローが出ている試合を生で見る

  310. [ ] appleからでている製品をすべて揃える

  311. [ ] DVDを1000種類見る

  312. [ ] おしゃれなメガネを買う

  313. [ ] 1000人の人にプレゼントを渡す

  314. [ ] 彼女(妻)とヒッチハイクをする

  315. [ ] 毎日フルーツを食べる

  316. [ ] 毎日スムージーを飲む

  317. [ ] エンジェル投資家になる

  318. [ ] 子どもの服を作る

  319. [ ] 美味しいお菓子をつくる

  320. [ ] 一日中回転寿しにいる

  321. [x] 一日中10時間歩く

  322. [ ] 日本一高いホテルに泊まる

  323. [ ] 日本一広いショッピングモールに行く

  324. [ ] 日本一長い滑り台ですべる

  325. [ ] 50色の服を集める

  326. [ ] セカオワのライブに行く

  327. [ ] 彼女(妻)の親の結婚式を開く

  328. [ ] 彼女(妻)の親の行きたい場所に連れていく

  329. [ ] 彼女(妻)の親が欲しいモノを買ってあげる

  330. [ ] 雪の家を作る

  331. [ ] ランダム食材で料理する

  332. [ ] 1ヶ月間喧嘩しない

  333. [ ] 334が出来たら1年間喧嘩しない

  334. [ ] 335が出来たら5年間喧嘩しない

  335. [ ] 美味しいお酒を見つける

  336. [ ] 旭岳の山頂に登る

  337. [ ] ちょーふかふかベットを買う

  338. [x] パチンコをする

  339. [ ] 家にプラネタリウムを作る

  340. [ ] 死海で浮く

  341. [ ] 道の駅制覇

  342. [ ] 青春18きっぷで旅行する

  343. [ ] フルマラソンを3時間台で走る

  344. [ ] あの人に会いたいという人物になる

  345. [ ] Googleで自分の名前が検索結果で一番上にくるようにする

  346. [ ] チーズケーキ専門店を開く

  347. [ ] 犬ぞりに乗る

  348. [ ] 海外でプロポーズする

  349. [ ] AppleWWDCに参加する

  350. [ ] 写真展を開く

  351. [ ] 調理師免許を取得する

  352. [ ] 毎日笑って仕事をする

  353. [ ] やりたいことリストを500個にする

  354. [ ] 毎日今日も幸せとつぶやく

  355. [x] 会社をやめる

  356. [ ] 机を買う

  357. [ ] 本棚を買う

  358. [ ] 家、オフィスの壁に絵をかく

  359. [ ] 絵を練習する

  360. [ ] ピカソの絵を見に行く

  361. [ ] 新海誠さんの映画をすべて見る

  362. [ ] 細田守さんの映画をすべて見る

  363. [ ] ジブリの映画をすべて見る

  364. [ ] 野生のカンガルーを見る

  365. [ ] クジラを見る

  366. [ ] 生で、野生のサメを見にいく

  367. [ ] 3Dプリンターを家に置く

  368. [ ] レイザーカッターを家に置く

  369. [ ] ヨギーボをオフィスに置く

  370. [ ] ブランコをオフィスに置く

  371. [ ] ハンモックをオフィスに置く

  372. [ ] 人の笑顔の写真を集める

  373. [ ] 自分が撮った人の笑顔の写真集を出す

  374. [ ] 友人の結婚式で何かを演奏する(ピアノとか?)

  375. [ ] ウユニ塩湖に行く

  376. [ ] 野生のペンギンを見る

  377. [ ] テント買う

  378. [ ] 家族でキャンプする

  379. [ ] 体重を55キロにする(2016年09現在62kg)

  380. [ ] オリジナルTシャツを作る

  381. [ ] 兄弟で人生について語り合う

  382. [ ] 酸素カプセルをかう

  383. [ ] ガラクタ部屋を作る

  384. [ ] 笑って死ぬ

  385. [ ] USJに行く

  386. [ ] USJで魔法の杖を買う

  387. [ ] 企業買収をする

  388. [ ] 困っている人を見つけたら助ける

  389. [ ] 子どもからかっこいいパパと言われる

  390. [ ] 子どもの友達からかっこいいお父さんと言われる

  391. [ ] なんでもいいから一つ漫画全巻集める(未だに買ったこともない)

  392. [ ] 人の夢を助けることをする

  393. [ ] グランドピアノを買う

  394. [ ] あいつと一緒にいると面白いという人間になる

  395. [ ] あいつならなんかやってくれると言われる人間になる

  396. [ ] ハロウィンでコスプレしてディズニーに行く(勇気ない笑)

  397. [ ] lineスタンプを作る

  398. [ ] 髪にパーマをかける

  399. [ ] 真剣にくだらないことに取り組む

  400. [ ] 自分のステッカーを作る

  401. [ ] マリオカートに乗る

  402. [ ] 歯のホワイトニングをする

  403. [ ] 沖縄でゴーヤチャンプルを食べる

  404. [ ] 種学旅行で行けなかったところに行く(修学旅行先で入院笑)

  405. [ ] コミュ障脱出

  406. [ ] 象に乗る

  407. [ ] ガッキーを生で見る

  408. [ ] お兄ちゃんを感動で泣かす

  409. [ ] 子どもは女の子

  410. [ ] どうせ無理をなくしたい

  411. [ ] 一人でも多くいい方向へと人生の後押しをする

  412. [ ] やりたいことリスト800個にする

  413. [ ] スキーでジャンプできるようにする

  414. [ ] スノーボードでジャンプできるようにする

  415. [ ] ヒッチハイクでお世話になった人に会いに行く

  416. [ ] 青森のねぶた祭りを見に行く

  417. [ ] コッタロ湿原展望台に行く

  418. [ ] 雲海テラスを見に行く

  419. [ ] トロルの舌に行く

  420. [ ] いちご狩りにいく

  421. [ ] ぶどう狩りにいく

  422. [ ] ハワイでサーフィンをする

  423. [ ] GoProを買う

  424. [ ] 「これだよこれって」って言われるサービスを出す

  425. [ ] 物々交換でどこまで価値が上がるかやってみる

  426. [ ] ゴルフをやってみる

  427. [ ] ディズニーリゾートに泊まる

  428. [ ] 子どもの誕生日にディズニーリゾートに泊まる

  429. [ ] 劇団四季を見に行く

  430. [ ] 立会い出産を経験する

  431. [ ] 子どもの名前を自分でつける

  432. [ ] タイムズスクエアのモニターに出る

  433. [ ] 世界の大都市に行く

  434. [ ] アンデス山脈に行く

  435. [ ] ミュージカルを見に行く

  436. [ ] 恋のキューピットになる

  437. [ ] ある友人三人と起業する

  438. [ ] ある友人三人と世界一の企業を創る

  439. [ ] 潜水艦に乗る

  440. [x] 人の結婚式に出る

  441. [ ] 同窓会に出る

  442. [ ] ひまわり畑に行く

  443. [ ] 金精軒の水信玄餅を食べる

  444. [ ] リムジンに乗る

  445. [ ] 火星移住

  446. [ ] やりたいことを全てやる

最後に!!

これからどんどんやりたいことを追加していきたい。

これがいつか、人生でやってきたリストになるといいなと思う。

そのために、できることからやっていこうと思う。

よくネットの情報で人生で一番後悔するのは挑戦してこなかったことなどをよく目にする。 だからこそ、挑戦し続けたいと思う。

人生は一度きり!!とにかく楽しむ!!

これを読んだ人はきっとリストを作り始めるでしょう。

お互い、人生を楽しみましょう。また、どこかでお会いすることがあればお話を聞かせてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

tun83.hatenablog.jp

こんな奴でもプログラマー!?!?

電源はどこに?

俺は高校三年生まで、ずっと野球しかやってこなかった。もちろんパソコンなんてのは全く興味もなかった。プログラミングという言葉すら知らない。

大学は北海道にあるとある短期大学に入学。何か目的があったワケではなく、ただ受験におち、塾の先生に勧められて入学した。その短大はパソコンの授業が必修だった。

初めての授業で、先生が「さーまず、パソコンの電源をつけよう」みたいなことを言っていた。

しかし、おれはどこに電源があるのすらわからなかったのだ。

パソコンの電源の入れ方がわからないければ、パソコンの授業にすらならない。

隣の友達に聞いたら、「こいつはなにをいっているのだ?」みたいな顔をしていた。むしろ俺はなんでみんなわかるの?とも思った。

その授業はおもに、タイピングや、メールマナー、ワードの使い方、などを学んでいくわけなんだが、まータイピングすらまともにできない。今でこそキーボードを見ずに打つことができるが、その当時キーボードを見てもよくわからなかった。

けれども、運がいいことにiPhoneの絶頂期に俺はiPhoneを持っていて、アプリを使っていた。 だから「アプリ開発」何て言葉を耳にすることができた。そのときにプログラミングという言葉に出会う。

そこで、マック持っててプログラミングできる人はかっこいいなーという思いが芽生えはじめ、親に頼み込んで思い切ってマックを購入してしまった。

一応断っておくけどタイピングすら遅い奴がマックを持っててもダサい!!

プログラミング挫折

大学二年生くらいになるとさすがに、毎日パソコンをいじっていたかいもあり、タイピングは早くなってきた。

そこで、「プログラミングでも勉強しようかなー」ってくらいのノリで有名なプログラミング学習動画でHTMLから一人で学んでいた。(ドットインストール

しかし何も知識がないうえに、どう調べていいかもわからない。どこに何を書いていいかもわからなかった。全くプログラミングの勉強がすすまない。

動画を見ながら、真似して書いたコードが文字化けして思うように動かない。このころ、「あー俺には向いていないのかなー」何て思ってしまった。

そこからはプログラミングの勉強がストップしてしまった。何もしたくなくなった。。。

もうパソコンなんて嫌いダーーー!!!

思うように動かないなんてつまらない

ソーシャルネットワークという映画との出会い

短大の終わりが近づき編入することが決まった。四年生大学への編入!!

そんなある時、ある一本の映画と出会う。

それは、Facebookといういまではみんなが当たり前のように使っているアプリケーションがどのようにしてできたかを描いた映画だった。

そこにはマークザッカーバーグ(本人ではないが)がプログラミングをしていたり、ハッキングしていたりなど、本当にプログラムを記述することでfacebookのようなものができるんだと感じ、プログラミングの勉強にもまた火がついた。

「俺もいつかは人の役に立つアプリケーションを作りたい」

やっぱりカッコイイイイイイ〜〜〜

もう一度プログラミング

無事に四年生への大学に編入し、大学三年生へとなった。。。

毎日朝早く学校に行き一人でひたすら、プログラミング。とにかくコード動画をみて、真似した。

だんだんとHTMLとCSSくらいはわかるようになってきた!!大きな成長を感じた。コードを見ず出来上がった、ウェブページだけを真似して、コードを書いてまるっきり同じウェブページのモックを作ってみたりもした。ものすごく自信に繋がった。

次に手をつけたのがJavaScript(JS)という言語のプログラミングを勉強する。

ここでようやく気づく。今までやっていたことはプログラミング言語とはいえないということを

自分はHTMLCSSだけで、ウェブアプリケーションが作れると勘違いしていた。厳密にはそうではない。JSという言語を使ったり、PHPRubyJAVAなどといった言語を使用したりしないとアプリケーションは作れない。

HTMLCSSは見た目をつくるものであって、ログインなどの機能をつくることができない。

またJSという言語もログイン機能などを作る言語ではない。 何ができるのかというと、アラートを出したり、マウスをホバーしたら色を変えたりみたいなことができる言語

また何をしたらいいのかがわからなくなってきてしまった。。。

もっとすごいものを作りたい。 という欲求と 何をしたらいいかわからないというストレス

大学中退という決意

編入したはいいが、プログラミングにどっぷりはまり、大学の授業がバカバカしくなってきていた。

バカバカしいというより、とにかくプログラミングをやっていたかったのかもしれない。

だからネット環境がいい大学へ朝早く行き、授業に出ずにずっと図書館で勉強する日々が続いた。

こんな生活をしているくらいなら、いっそう大学何てやめてしまおうと思い、大学を辞める決断をした。

どこか就職先があったわけでもなく、そこまで技術力が伸びたわけでもないが。。。とにかく、プログラミングだけをしていたいと思えるようになってきたのだから、この気持ちを裏切ってはいけないと思いやめてしまった。

大学中退後プログラマへの挑戦

どうしてもプログラミングだけをしていたかった。 もっとプログライミングを学びたい。

だからプログラマになることを決意した。

まー簡単には就職先などは決まらない。

何か自分でサイトを作る必要があった。だからポートフォリオを作ってみた。作ってみるより自分の技術のなさが目に見えてしまった。

どうしよう今の自分には無理なのか?などの思いが頭をよぎる。

しかし、諦めずに就活?をした。するとなんとこんな俺を受け入れてくれる会社があった!!!(本当に感謝の思いしかないです。)

入社するまでの課題として、Ruby on Railsについて勉強するこだった。

実際にやったこととして、RailsTutorialをやってみた。 しかし、いざやってみると、今まやっていたことと比にならないほど難しい。

Macのターミナルというツールを使いコマンド打ちながらで色々とMacにアプリケーションをインストールしたり、Railsを使うための環境構築するのがものすごく大変!!

おそらくこの環境構築で1、2週間という時間を使った覚えがある。

しかし今回ばかりは逃げていられない。就職してしまったからにはやるしかない。

とにかく、わけがわからずも毎日毎日食らいついた。一応tutorialを全てやってみたが、あまり意味がわかっていなかった。なんでこのようにしたかなどは何にも理解できていなかった。

しかし今現在5ヶ月が経ちまだまだわからないことだらけだけど、なんとなく理解してきてわかるようになってきた。

これだけはやった方がいいこと

  • ブログなどでアウトプット(最近始めた)

    アウトプットの場所としてブログ twitter Qiitaなどがある

  • 休憩すること

    初めから飛ばしすぎると、必ず嫌になると思う

  • 何か自分で作ってみる

    公開できたらベスト(俺は公開まではできていない)

  • とにかく手を動かす

    本だけにこだわっては覚えられない

  • 英語の勉強

    ドキュメントなどを読むときに必要になる

挫折しそうになったときにモチベーションが上がる映画

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。。。

こんな俺でも今こうやってプログラマとしてコードを書かせてもらえている。だから、これからプログラミングを勉強したいとか考えている人は諦めないでやり続けて欲しい。

一度、休憩がてら期間をあけてみてもいいから、とにかく続けることだと思う。必ずある一定以上には成長する。

誰もが天才プログラマーになれとは言っていないのだから。

そして、所詮プログラミングも手段にしか過ぎない。何かを成し遂げるための手段として、プログラミングというものがあるだけだと思う。俺はこの言葉にものすごく救われた!!

これを読んでやる気が出たとか、俺でもできるんじゃね?なんて思ってくれると嬉しい。

俺は本気この世の中を今以上に面白くしたい。だから、自分で面白いもの、サービスをどんどん作っていきたい。初めはかっこいいから始まったプログラミングだけど、今はこうやってビジョンを持っている。

そして、自分が作ったサービスをきかっけに自分も面白ものを作ってみたいとか、こんなの作ってみたいとかいう人が増えれば、この世の中は本当に面白くなると思う。

そしてもっと夢持つ人が増えればなと思う。

俺は必ず成し遂げる!!!

本当に最後まで読んでいただきありがとうございます。

死ぬまでにやりたいこと日記

10時間ウォーキング

これは先週の土曜日の話。

やりたいこと・行ってみたいところリストを作っていて目的なしに10時間歩いてみたいというタスクがある。

なぜ、自分でこのようなタスクを入れたかも、なぜ10時間なのかもよく自分でもわかっていない。笑

けど、まーなんとなく一生の内に一日に10時間歩くなんてのは一般の人はやらないのかなー?なんて思った だからこそ、やってみようとなったんだと思う。。。

そんで、いざやってみた。彼女を連れて。。。(彼女にはいい迷惑ですね)

家からまず鎌倉まで歩いた。だいたい4時間コース。で、天気もいいもんだからものすごくバテる。 この時点でだいたい15キロくらいは歩いたのかなー?

でも案外楽しい(まだ4時間だからというのと彼女がいてくれたから)

んで鎌倉まできたんだからってことで観光のために歩く。けどやっぱり食べ歩き。。。だから今まで歩いてきた分のカロリーなんてのはきっと+-0くらい

食べたもの

  • ジェラードアイス
  • 漬物(冷やしナスと試食)
  • ソーセージ
  • ダブルドック(ソーセージがダブル)
  • 豆屋の豆(試食=>その後ちゃんと買いました。。。)
  • ジュース
  • おにぎり

このくらい食べたのかなー???

しかも、試食で時間がすぎるからだいたい鎌倉にいた時2時間で5キロくらい笑

でもこれも含め10時間ウォーキングでしょ??

ここからまた家に帰るわけだけど、ものすごく気温も上がって暑い!!!!

鎌倉から家に着くまで5時間くらいかかった!!行きは4時間だったのに帰りは5時間!!

10時間ウォーキングではなく11時間に延長!!! もう最後の方は足が痛すぎて少し歩いては座って休憩みたいな感じだけど。。。

最終的に

  • 33.56km
  • 57,101steps

f:id:tun83:20160912125145p:plain

10時間歩いてこんなもん。。。以外と少ない

でも、家についたときは嬉しかった。。。こんなにもくだらないのに嬉しかった笑

次はフルマラソン完走かなー??

きになる体重

家を出る時=>62キロ

帰ってきてすぐ図った=>61キロ

あれだけね、歩いて。ものすごく疲れて、体重も2〜3キロくらいは減ってるでしょ?って思ったよ。 そしたら1キロしか減ってない。。。

その夜やけ食いで、餃子20個 => 体重すぐに戻る。。。。。。

 最後のお知らせ。

10時間歩く時は水分補給を忘れずに、無理せずに行いましょう。 また、一日で多く歩いたからって体重はそんなに変わりません。。

毎日の積み重ねが体重を減らすことができるのです。

最後まで読んでくれてありがとーーーー 

皆さんもやりたいことリストでも作って実際に実行してみてはいかがでしょうか。以外とくだらないことでも達成したとき少し嬉しいよ????

「君の名は」を見て思ったこと。。。

今はやりの映画、「君の名は」を見て素直に思ったことを書きたい。

先に言っておくけど、これはこの映画の内容の感想とかには触れない。。。

泣いてしまった。。。

俺はこの映画を見て泣いてしまった。なんだかよくわからないけど、感動した。

ふと思った。。。俺もいつか、どんな形でもいいから、自分で作ったもので人を感動させたいと。。。

自分はこの映画を見て感動し、泣いた。だから俺もいつかは映画じゃなくてもいい、 だけど、必ず自分で作った何かで人を感動させ、喜ばせ、満足させ、幸せな気分になるようなモノを作りたいと感じた。

俺は今まで多くの人を傷つけてきたと思う。迷惑かけてきたと思う。 その恩返しができたらいいなと思った。どんな形でもいいから。

人生のミッション

多くの人に笑と感動を生み出す

面白いを創造する

人生にはいろんな出会いがあり、いろんな道がある。 どんな道を行こうと人それぞれ。自分で行く道を決めるだけ。あとは、決めた道に向かって進むだけ。

右往左往しながらも決めた道に進めばいい。

以上で「君の名は」を見て思ったことでした。

もっと自分に素直に生きようと思う

うん。。。