田舎で猛烈に働くCEO

自分の考えなどをブログにします。

会社にプログラマー必要ない!?!?

こんにちは。

北海道滝川市で ITフリーランサーと企業をつなぐマッチングプラットフォームを開発しているエンジニアCEOの龍頭です。

まず僕は以下の疑問を持っている。

会社勤のプログラマーフリーランスとなってもいいのではないか?

なぜそう思うのか?

僕は一度プログラマーとして会社勤をしていた。

その時に、隣に座っている方(上司)とのコミュニケーションがチャットでのコミュニケーションが多かった。

これはきっと僕が勤めていた会社だけではない。

なぜチャットなのか?やはり仕事上「言った言わない」問題があるからである。

となると、もう会社に行く必要性はあるのか?という疑問を持ち始めた。

そして結論づけたのが、

会社勤務するプログラマーは数人いれば十分である。

ということだ。

なぜ数人は必要なのか?やはり、フリーランスを管理したり、サービスを維持して行く中で数人のプログラマーは必要である。

しかし、何十、何百ものプログラマーを雇う必要性はないということ。

企業側としても、働く側としてもwin x winの関係となる。

では、どうすればフリーランスが増えるのか!?

会社側としてはプログラマーを雇はなくても経営できる状況にするにはどうすればいいのか?

フリーランスを増やすには、フリーランスが喜ぶサービスを作る必要がる。 また、企業側に対しても簡単にフリーランスへ仕事を依頼できたらいい。

現段階でのクラウドソーシングサービスについて、僕が思ったこととして、 フリーランス初心者にとっては実績を積むためのサービスとしていいものであるが、 実績がある人からすると単価は安い、仕事を見つけるのも大変。

と言う問題を見つけた。

実際にクラウドソーシングサービスを使ってみてものすごく使いづらいなーと言う思いがあった。

そこでWorkerBookを考えた。

フリーランスの方は自分のスキル等の情報を登録する。

発注する企業側は、フリーランスのデータベースの中から条件にあう方に対して発注する。

依頼が届いた、フリーランスは受注するか否かを決めるだけ。

こうすることで、フリーランスは自分にあった単価を設定することができるし、 企業側も条件にあった方に対して依頼することもできる。

また、企業は依頼したい時に依頼すればいいだけなのだ。

そうするとにより会社には数人のプログラマーで、必要な時にフリーランスをいれてプロジェクトを進めればいい と思う。

WorkerBookを詳しく知る

WorkerBookに登録する

もしかしたら、今後プログラマーだけでなく、営業などもフリーランス化する時代となると思う。

早く起業した方がいい理由がわかった。

多くの人が、起業したいなら早くやった方がいいと言っている。

ググればわかる スマートフォンでも、pcでもいいからブラウザを開いて、「起業 早い」で調べるともう、たくさんの人が言っている。

実際に自分自身も起業してみてわかったことがたくさんある。

なぜ早ければ早いほどいいのか!? 自分で思ったこと書いていく。

プライド

長く会社にいればいるほど、会社をやめづらくなる。プライドが邪魔をする。

大企業にいる場合はなおさらだと思う。チャレンジしたいと考えていても、プライドが邪魔をする。

失敗したらどうしようなど無駄な思考がはじまる。

周りの目も気になるだろう。

そもそも、会社をやめることすらできなくなるのだ。

僕は会社を一年未満でやめた。

そこでやめれたからこそ、起業することができた。 会社をやめていなかったら僕は自分でサービス開発し、会社設立していないと思う。

お給料をもらい続け、生活水準を高めてしまうと、僕のプライドは邪魔をするばかりだったと思う。

成長

雇われて働くのと、自分でサービスを作り会社を設立するのでは、成長スピードが違う。

雇われている場合、プロジェクトや事業の中のある一角だけを任される。

それに比べて自分で会社を作る場合、全てを自分で把握し仕事をこなさなければならない。

圧倒的に起業した方が、成長スピードが早い。

僕はWebサービスの開発を一人でやるようになった。

会社にいた頃なんかは、開発と言うより、保守・メンテナンスがメインだった。また初心者の一年目と言うこともあり、重要なところなんかは任されない。

それが、自分でやるとなったら嫌でもやらなくてはいけない。 わからなくても、勉強してわかるようにならなければいけないのだ。

自分で解決する能力が身についた。

そして何よりもウェブ開発スキルが圧倒的に成長した。

恐怖心

これはきっと誰もがあると思う。

いや、もしかしたらない人もいるだろうが。。。。←この人は本当にすごい

僕の場合、最初は全く恐怖心がなかった。これはきっと若さと、背負っているものの少なさゆえのものだと思う。 徐々に恐怖心が出てきたが。(お金面で。。。)

ただ、年を重ねるごとに、背負うものも大きくなるだろう。

家族ができたら、家族のことも考える必要性がある。親の介護必要なってくる可能性も高くなる。

ゆえに失敗したらどうしようという恐怖心が降りそそってくる。

僕もたまに恐怖心が降りそそってくる。ただ、今だからこそ成長できたしまだまだこれからでしょ。と考えることができるが、

きっと30歳〜40歳になるとそうはいかなくなるだろう。

とにかく僕は早くから起業してよかったと思っている。それだけは言えること。後悔は何一つない。

最後に

今起業をしようか迷っている人へ。

成功にばかり目がいきがちですが、成功よりも自分の成長に目をやることが重要だと思います。

一歩踏み出す人は1%で後の99%は行動せずに終わってしまうとよく言います。

そして、その1%の中で成功する確率もものすごく低いことでしょう。ただ、揺るぎない真実はあります。

行動することで、必ず自分のためになるということです。

このブログを見て、一歩目を出す勇気を持ってくれる方いると嬉しいです。

会社名: Lobo株式会社

サービス: WorkerBook

WorkerBookとはITフリーランサーと企業をつなぐマッチングプラットフォームです。

一緒に大きくしていきたいと思ってくれるかた、TwitterにDMしてください。

どこを目指して生きている!?!?

中学校からの友人に

何になろうとしているの?と聞かれた。

うん。自分自身何者になりたいかはわからない。

きっと何者にもなりたくなくて、ただ面白い世の中にしたいと思って行動しているだけなんだと思う。

そして自分が満足行くまで好きなことをしていきたい。ただそれだけなんだろうなーと思っている。

なんかこう働き方を変えたいなーみない思いからフリーランスのためのサービスいいなーと思いながら、 自分がこういうサービスあったら絶対使うでしょ?みたいなサービスを開発している。

それが今のWorkerBookでもある。

何者にもなろうとしていないが、面白い世界を目指して自分でその世界へと変えていくつもりで行動するのみだと思っている。

今後僕がやりたい事業 * ハイパーループ * 北海道の広大な敷地で垂直農法(日本の食料をまかなえる?) * クラウドOS * シェアリングスマホ * ペーパーレス化 * 一体化図書館(ものづくり、オフィス、本屋、図書館、カフェ、コワーキングスペース、カプセルホテル)

ITフリーランスのための神サービスになれるか!?!?

tun83.hatenablog.jp

昨日こんなブログを書いた。

僕はWorkerBookを開発している。

WorkerBookとは、ITフリーランサーと企業をつなぐマッチングプラットフォームのことである。

クラウドソーシングに近いサービスだ。

僕はこのWorkerBookをITフリーランスのために開発している。

理由は昨日書いたブログをみて欲しい。

このWorkerBookを神サービスにしたいという思いがある。

「神サービスってなんだよっ!?」って思うかもしれないが、神サービスは神サービスだ。

WorkerBookに登録しておけば、仕事の依頼がきて、その仕事の依頼も自分が定めた 単価で仕事することができる。

もちろん嫌な仕事は断ればいい。

ほとんどのプログラマーフリーランスとなり、このサービスに登録し、企業はこのサービスに登録している全ての人材をプロジェクトのサイズに合わせて選ぶことができる。

今後の社会はこうなるべきだと思うし、こうなるようにしていきたい。

これはお互いにメリットが多い。働いている方は、いちいち人間関係に悩む必要がなくなる。また、給料だって、ある程度自分で決めることができる。

企業側は、その都度プログラマーを探し、依頼することができるから資金の運用がこれまでと違って固定費が安くなる。 人件費だけの問題ではない。地代家賃も安くなる。

WorkerBookはこのようなサービスになること望んでいる。

今までのクラウドソーシングとは何が違うのか?

まず、コンペ形式を廃止した。 コンペ形式はフリーランスにとって労力の無駄である取引だと感じたからだ。 選ばれなかったフリーランスの労力を考えたとき、これほど無駄なものはないのではないか?と思った。

ただ違う見方もある。練習になるということだ。

その練習台としてのサービスとしては現行クラウドソーシングはいいかもしれないが、果たして生活できるレベルで単価の仕事なのか?と考えるとそうではない。

[WorkerBook](https://worker-book.com]は生活できるレベルでの金額の取引ができるサービスを狙っている。

ワーカーからの提案廃止。 これもワーカーが依頼を探し提案するという労力を省きたいと思った。この労力では一切金額発生しないのにもかかわらず、結構な時間が取られる。

フリーランスとなったからには、この時間こそを有効に使ってもらいたいと思う。

なので、クライアントからの依頼のみである。

これは、クライアント側にもメリットがあると考える。

  • 一つ一つの依頼を個人レベルにのみしか知り渡らない。
  • プロジェクトにあった、人材を選ぶことができる。
  • 提案を待つ必要がない。
  • 無駄なオプション等もない。

WorkerBookは神サービスとなれるように開発運営をしていきたい。

現在WorkerBookはα版として登録のみとなっていますが、近々バージョンアップし、実際に取引ができるようになります。

仕事を受注したいフリーランスの方はこちら => worker-book.com

仕事を依頼したい企業、また担当者の方はこちら => worker-book.com

一緒にWorkerBookを成長させたい方はご連絡ください。

ITフリーランスのためのサービスを作ろうと思ったきっかけ

今僕は、WorkerBook開発、運営している。

WorkerBookとは、ITフリーランサーと企業をつなぐマッチングプラットフォーム

https://worker-book

特に思った事。

プログラマーって、会社にいく必要性がない ものすごく批判があるかもしれないけど、こう思いました。

はい。僕は一年弱しか会社で働いていません。一応プログラマーとして。。。

でも、その一年弱で会社で働く必要性がないことに気づきました。

きっと多くの人はきづいているけど、実際は動き出せない。

何故か?

フリーになったところで生活していけるのか心配。。。

きっと多くの人がこう思っているはず。

だったら、僕がフリーランスのためのサービスで、そのサービスに登録しておけば仕事が入ってくる神サービス

的なのを作ればいいじゃんって思いからWorkerBookを作ることに決めた。

WorkerBookは神サービスになるのか!?

https://worker-book.com

北海道の滝川市で会社を設立した理由

僕は北海道滝川市という場所で会社を設立した。

多くの人はきっと、東京へ行くと思う。

おそらく、これから起業をしようと思っている人の多くは東京か、福岡など主要都市で会社設立する人が多いと思う。

しかし東京出身者である僕があえて東京ではなく、北海道の滝川市を選んだのか?

僕は東京で起業する意味がわからなかった。 東京じゃなくたって、仕事はできるし競争もできる。

ただ物理的に都市と離れるくらいにしか思っていない。

ましてや、インターネットという素晴らしい技術があるのだから、なおさら東京にいる必要性が感じられなかった。

また、僕は北海道の滝川市を変えたいという思いがあった。

僕は短大時代に二年間滝川でお世話になっている。また、僕が変われた場所である。

だから、次は滝川を変えたいという思いがある。

渋谷とかで起業が盛んに行われ、Webサービス系が盛り上がっているが、

僕は滝川市をスタートアップの町にしていきたい。そして、いろんな分野のスタートアップが混ざり合ったら面白いと思っている。

だからこそ、僕はファーストペンギンとして、滝川市で起業した。

また僕は滝川市の立地は好立地であると思っている。

多くの人は、札幌や旭川富良野など有名観光地は知っているだろう。しかし、滝川市を知る人は少ない。

だが、滝川市はこの3都市の中間地点にある。滝川市からだと3都市どこ行くにも1時間くらいで行けてしまうのだ。

僕はものすごいポテンシャルのある町であると思っている。

だからこそ、この町を発展させ、世界的に有名な町へと変えていきたい。

世界的に有名ならば初めから有名な渋谷などを選べば楽だと思うが、僕はすでに型にはまっている場所は変えるのは難しいと思っている。

ならば、逆に人口現象、過疎地とされる場所を発展させる方がやりがいがあり、面白いのではないかと思う。

これが一つ目の理由だ。

そして二つ目の理由は、働き方改革だ!!

働き方改革と言って都市部に会社を設立するのはどうなのかな?と思った。

毎日、満員電車に揺られ、夜遅くまで残業し、また満員電車で変えるという生活を仲間、社員にさせることに疑問がある。

自分たちの会社がまず変わろうということだ。 そこで思い切って、滝川を選んだのだ。

物理的に東京にいる人材を引っ越してまで滝川市に来て一緒に働くことは難しいと思っているし、そうするべきでもないと思う。

もちろん、会社の文化を浸透させるにはリモートワークより、密に会ってコミュニケーションをとる方がいいと思っている。

しかし、僕は働く人、一人一人が選択できる文化を作りたいと思う。

家で働きたければ家で働けばいいし、オフィスで働きたければそうすればいい。また、住む場所も同じである。

難しいかもしれないが、不可能ではないし、やる価値があると思っている。

第三の理由は単純である。

東京よりこの空間が好きなのだ。

上記で挙げたように、好きな場所で働ける会社にしたい。一人一人働き方を選択できる会社を作りたいから来ている。

だから、僕自身も好きな場所で働くことを選んだのだ。

これを読んで、同じような思い(働き方について)を持っている人とは繋がっていきたい。

また、今僕は一人でサービスを開発しているが、仲間が欲しい。

言語はRubyフレームワークとしてRailsを使用している。

興味がある方はSNS等から連絡ください。

ITフリーランスのためのwebサービスって?

いきなりですが、

クラウドソーシングサービスに不満や疑問を持ったことはありませんか?

僕はものすごく疑問に思ったことがありました。

クラウドソーシングサービスを運営している会社では働き方革命などと大きなことを言っていますが、 中身は企業向けになっていると思ったのです。

フリーランスに優しくないと思いました。

おかしくないですか?

働き方革命と言って、フリーランスのためのサービスのように作っているのに、結局は企業が安く発注することができるサービスと化しているのです。

フリーランスのためのサービスってあるの? 結論から言うと、今僕がそれを作ろうとしています。

どんなサービスなのか?

ITフリーランスを幸せにするサービスです。(大げさではなくそうしていきたい)

サービスの内容としては、ITフリーランスの方が自分の価値やできること、経験値等を提示し、それを見たクライアントがフリーランスの方に発注するというサービスです。

例でいうと、 1日10000でベビーシッターをやってくれる人を集めてその中から選択するのか? (現行クラウドソーシングサービス) ベビーシッターが自分はいくらでやるのか?などの情報が入ったデータベースの中から選択するのか? (WorkerBook←開発しているサービス) という違いです。

ただ、誰でも登録できてしまうとそれはそれで問題かと思いました。

ITフリーランスの方全員が登録できることが果たしてITフリーランスを幸せにするかというそういうわけではありません。

現状のサービスでは、安く受注できる人ほど偉いみたいなことになっているからです。(偉いというか、ただ仕事を受注できるというか。。。)

僕はそこに問題があると思ったのです。

誰でもではなく、ある程度経験値のある方に登録していただくことで、サービス全体のフリーランスの質を高めることができます。

安く発注したいクライアントが集まるのではなく、少し高くてもいいから、質を求めたクライアントを集めることができると考えております。

質を求めたクライアントを集めると何がいいのか? * とにかく安くという思考ではないので、フリーランスの方も仕事がやりやすい。(ただ、質はものすごく求められます。) * 世の中全体のWebサービス、アプリケーション、システムの質が向上する。(よりいいものが生み出される世の中)

今まで、書いてきたサービス像こそが、WorkerBookです。

フリーランスのためとはいえ、クライアント側にもメリットが?

僕はよくこんなことを耳にしました。

「安く発注したはいいけど、求めているものができてない。」

僕はこれを聞いて思いました。 「時間と発注する労力と、時間の無駄じゃん」って

だったら、質が高いフリーランスを集めた方がお互い幸せだよね?と思いました。

そして、WorkerBookは、フリーランスのためとはいえ、発注する側も使いやすいサービスへとしていきたいです。。。

まとめ

WorkerBookへ登録し、自分の価値を提示しましょう

まだまだ、クラウドソーシングサービスは成長段階であり、今後どのように発展して行くかが楽しみですね。

僕としてはいい方向へと向かって行くことを願っています。

WorkerBookフリーランスの方たちとともに大きくしていくべきでだと思っています。

フリーランスを幸せにするために、もっといろんな意見を聞けたらいいなと思っております。

もっともっといいサービスへとしていきたいと考えています。 共感していただけるエンジニアの方募集しています。ぜひお話ししましょう

Lobo株式会社

WorkerBook(α)